【ランチ】この味はいつか食べた味。小さな食堂のカツ丼。

うちから歩いてすぐのところに小さな食堂があります。
その存在は知っていたけど一度も訪れていないお店です。
そういえばまだ行ってないなぁと思って
ある日、暖簾をくぐりました。

カウンターが5席、4人がけのテーブルがひとつ。
壁の色も、壁に貼ってあるメニューの札も
相当年季が入っています。
BGMもない静かな店内。
ひとりで切り盛りしているらしい奥さんも静かな方。
もしかしたら旦那様と一緒にやってたお店なのかな。

メニューはそばとうどんがメインのようです。
しかし、この日は麺の気分ではなくて、カツ丼にしました。
揚げたてのカツを卵でとじてご飯に乗せてある、
ごく普通のカツ丼。(おしんこ付き)
なのに、見るからにおいしそう!

先に食べ始めた相方を見ると
「あ、おいしい」
という言葉がもれていました。

卵の半熟具合もいいのだけど
お出汁がおいしいのです。
ちょっと甘くてホッとする感じ。
カツも上手に揚げてある。
そういえば、うちの母がこんな感じで
親子丼を作ってくれてたっけな。
少し懐かしい気分になりながら
ぺろりと食べてしまいました。

灯台下暗し!
これからはこのお店もランチの候補に入れます!

ごちそうさまでした。

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】最強EPOS(Sennheiser)の”サウンド強化デバイス”を紹介

東大理三生に学ぶ、自分に合った学習スタイルとは

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る