【書評】ゼロ秒思考(赤羽 雄二)

火曜日になっちゃったけど、今日は電子書籍の日! 本日のおすすめは「ゼロ秒思考」という本です。

一時期、話題になった本なので、読んだ人は多いかもしれません。わたしはつい数ヶ月前、知人からのすすめでこの本を手にしました。

ここに書かれているのは、著者が編み出した「ゼロ秒思考」のやり方。ゼロという名前がついていますが、実際はゼロではなく1分。A4の紙を自分の前におき、1分間だけそこに思いついたことを書くというのが「ゼロ秒思考」の基本的なルールです。やってみればわかるのですが、1分という時間はあまりにも短すぎて、頭を使って書くことはできません。頭に浮かんだことを次々と書き続けるのが精一杯。著者曰く

頭の中にはモヤモヤしていることが多い。色々な言葉が浮かぶ。言葉にならない言葉が浮かんでは消える。それをがんばって言葉にしてみる。浮かんだ瞬間に言葉にしてみる。

とのこと。この「浮かんだ瞬間に言葉にしてみる」ための仕掛けが「1分間」という縛りなのかもしれません。余計なことを考えず、浮かんだらその場で書いてみる。これができなければ、ゼロ秒思考にはなり得ないのです。

だれだって起きている間、いつでも何かを感じている。なにかを考え、なんらかのイメージが浮かんでいる。ただそれがすぐ消えてしまう。言葉を認識する以前に、もやっとした感情のまま、それが何かを特定しないまま消えてしまう。

わたしが心惹かれたのは、この部分。たしかにわたしの頭のなかには、しょっちゅう言葉が浮かんでは消えています。たとえばこんな具合。

「昨日、Mさんが言ったこと。あれってなんだったんだろう。わたしが言ったことで、なにか気に障ったことがあったのかな。そういえばあのあと、メールの文面もなんかちょっと変だった。どうしよう。直接話をして聞いてみたほうがいいのかな。それとも、メールのほうがいいかな…」

こういったことを頭の中でモヤモヤ考えていても、なかなか解決できません。しかし、これを紙に書いてみると、なんとなく整理されていく。わたしの中でわだかまっている部分が何なのか、うっすらと見えてきます。

相手の機嫌を損ねたらどうしようとか、言い争いになりそうでとても伝えられないと思っていたことを、スムーズに伝えられるようになると、ミーティングが建設的に進むので、余計なしこりが生じにくい。妙な遠慮や辻褄あわせがないので、気分もよい。

まさに、こんな感じです。

「ゼロ秒思考」に書かれているのは、「紙に、自分の頭のなかにあることをそっくりそのまま書き出す」ということ。このとき、余計な忖度や配慮をしないのが肝。だれかに見せるわけではないので、遠慮なく、思ったことをそのまま書けばいいんです。

そうして紙に書き出すことによって、書いた人は自分の考えや感情を「メタ認知」する。それによって、じぶんの中の思い込みや歪みも、第三者の目で見られるようになる…というのはわたしの勝手な解釈ですが、実際にやってみて、きっとそういった効果もあるのだろうなあと思いました。

「最近、もやもやしている」という人や、「考えがうまくまとまらない」という人は、ぜひ一度、「ゼロ秒思考」を試してみてはいかがでしょうか?

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【ゲーム】ドラクエウォークで健康づくり

【ランチ遠足】上野「梅蘭」の梅蘭焼きそば。あんはまさかの焼きそばの中!

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る