【車旅】西日本の最強肉料理を発表!

私たちはハイエースで日本一周に挑戦しています。これまで回ったのは43都府県。各地域の名店もたくさん行きましたが、今のところ西日本の最強肉料理は、長崎にある「時代屋」さんの「レモンステーキ」です。

時代屋さんを知ったのは、例によってこの方たちのYouTube。

13:12あたりからご覧ください。

学さん、まみさんは絶賛していましたが、本当に悶絶するほど美味しかった。私もスペシャルが頼みたかったほど。個人的には「さわやか」に匹敵すると感じました。それはつまり、今後は素通りできなくなるってこと。天草の実家に帰る際は、必ずここに立ち寄ることになるでしょう(かなり遠回りだけど)。

お店の人がとても親切だったのも印象的でした。開店1時間前(!)から駐車場で待機していた私たちのためにメニューを持ってきてくれたり、アメをくれたり、「トイレはお気軽にご利用下さい」と言ってくださったり。開店時間の10分前には「もう準備できましたからどうぞ」と呼びに来てくださいました。過分なまでのお気遣い、本当に恐れ入ります…。

これは自宅で再現したレモンステーキ。肉のクオリティに差があったけど、ソースの味はかなり近い印象でした。食べたくても長崎に行けないときはこれでやり過ごそう。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

主な業務は、一般誌や専門誌、業界紙や新聞、Web媒体などBtoCコンテンツ、および広告やカタログ、導入事例などBtoBコンテンツの制作。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として「哲学カフェ@神保町」の世話人、2020年以降は「なごテツ」のオンラインカフェの世話人を務める。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【人生100年の羅針盤】スマホでSOSを発信

友人と久々の再会

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る