【車旅】九州は家族風呂のコスパがよすぎ!

秋葉です。今回はの楽しみの1つ「温泉」についてお話しします。

道さえ繋がっていればどこでも行けて、着いた場所が仕事場となるバンワーク。仕事が終わったら、お風呂や温泉に浸かるまでがルーティンです。

温泉にはそれぞれ特徴があります。温泉に入ったあと肌がつるつるになったり、体がずっとポカポカしていたり。実際に入ってみると、その効能が実感できます。

バンワークをする前は、こういったことがよくわかっていませんでした。実際に温泉に入ってみることで、温泉によって効能が大きく違うんだと気がついたんです。

僕はもともと大のお風呂好きだったのですが、最近は温泉も大好きになりました。しかしあまり人が多いと、ゆっくり楽しめません。そこでゆっくり温泉に浸かりたい時は、「家族風呂」を使うようになりました。

家族風呂は専用の浴室を時間貸しするため、他のお客さんにを気にすることもなく、ゆっくりお風呂に浸かることができます。ただひとつ、価格が高いというのが難点でした。

その前提が九州で大きく崩れました。九州は家族風呂があちこちにあり、施設によっては1000円で借りられるところもあります。つまり、家族風呂のコストパフォーマンスがとても高いんです。この価格帯だったら、毎回温泉にゆっくり浸かれます。

ちなみに、家族風呂は内湯のみだけでなく、内湯と外湯がある施設もあります。ちょっと贅沢ですよね。温泉をゆっくり浸かりたい人には家族風呂、お勧めです!

木城温泉館 湯らら 1時間1000円+入浴料

写真は「家族温泉 山翠」(2000円〜)。家族風呂が一軒一軒離れになっていって、とても贅沢な作りです。内湯と外湯があり、休憩室もいい雰囲気でした。

写真はありませんが、佐賀の「嬉野温泉」にある「うれしの源泉 百年の湯」は、一室1800円〜+入浴料。価格帯は少し高めですが、温泉の効能が素晴らしい! 入ったあと数日間、肌がしっとしていていました。この効能があるなら、この価格は納得です!

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

ランチビュッフェ 90分一本勝負!

【人生100年の羅針盤】スマホでSOSを発信

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る