【インタビュー】なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

PDA博物館、「くりすたるあーと」に続き「丑や」のインタビュー記事を書いたのでご紹介します。

「丑や」の安田さんも京都にお住まいで、しかも本業は呉服屋さんだとか。くりすたるあーとの林さんは友禅作家さんですし、もしかして美しいPDAケースのベースには日本の和服文化があるのかしら……なんてことを思ってしまいました。

丑やさんのケースに対するこだわりは「かっこいいこと」。そのこだわりを具現化したケースの数々、ご覧ください。

CLIE UX-50のケース

IXY DIGITAL用ケース
これもIXY DIGITAL用ケース
CLIE TH55のケース

ケースのお店を運営しながら「PDAはケースをつけて使うもんじゃない。ケースをつけて、使いやすくなるはずがない」と断言する丑やさん。そんな丑やさんが、なぜケースを作っているのか? その謎を知りたい方は、ぜひリンク先の記事をご覧下さいませ!

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

アバター画像

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

主な業務は、一般誌や専門誌、業界紙や新聞、Web媒体などBtoCコンテンツ、および広告やカタログ、導入事例などBtoBコンテンツの制作。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として「哲学カフェ@神保町」の世話人、2020年以降は「なごテツ」のオンラインカフェの世話人を務める。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【重箱の隅つついちゃうよ】なんで重複に気が付かないかなぁ (´・д・`)

【#0037】「ぐんまーソングライター」から「yoshimi」へ。「生の私を見てもらいたい」

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る