“平成に生まれ 平成に終焉した”プロダクト「PDA」。名機とともに歴史をふりかえる

f:id:mica:20190423131215j:plain

新しい元号が発表されたこの日、あえて平成振り返り記事を出してみました。私にとっての平成は、と出会い、PDAと共に生きた時代でした。特にこのHP100LXは、私の人生を変えた一台。「愛機」という一言では表現しきれないプロダクトです。

kakakumag.com

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

主な業務は、一般誌や専門誌、業界紙や新聞、Web媒体などBtoCコンテンツ、および広告やカタログ、導入事例などBtoBコンテンツの制作。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として「哲学カフェ@神保町」の世話人、2020年以降は「なごテツ」のオンラインカフェの世話人を務める。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

「ファンが集うコミュニティを作りたかった」Muchyさん取材

オススメ☆Steamゲームレビュー第4回:話題の新作!激ムズバトルロイヤル「Apex Legends™」レビュー

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る