【感謝】Amazonの「ベストセラー」になりました

7月3日に発売された新刊「ゼロからはじめる なるほど!ChatGPT活用術」、おかげさまで多くの方にご購入いただき、7月17日(月)現在、

  • 1位 パソコン辞事典
  • 2位 情報学・情報科学全般関連書籍
  • 2位 コンピュータ・情報処理の白書・用語辞典・参考書
  • 12位 人工知能

にランクイン。「ベストセラー」もいただきました!

クチコミは、現在22個ついています。いずれもありがたいことに高評価でした。その一部を紹介します。

  • この本は、コンパクトに「こんな使い方もあるよ」という例が多数掲載されていて「あ、そうか。こういうのもありか!」と発見がいくつもありました。(s.s様)
  • 「Excelを使いこなす」の章。まさかChatGPTでこんな事が出来るとは!まさに目から鱗状態です。(Amazon Customer様)
  • ChatGPTを含めたジェネレーティブAIを業務システムに組み込む仕事をしていて、この書籍は目次からして良さそうだったので注文しました。普段からSNSやセミナーなどで情報をあつめていますが、それらをしっかりとまとめて出版されている書籍だと思いました。(森林キャンプの鉄人様)
  • ChatGPT自体基本的に対話形式なので、こんな事をAIにやらせてみたい、こんな事も出来るんだ、実際に業務に活用してみるにはこうするのか、といった所謂「質問/検索」のコツみたいなものが色々と掲載されている。(影城様)
  • 本書後半というより半分以上が実際の活用方法がメインでビジネス上の様々なシーンでの具体的な質問方法など効果的な使い方を実際の画面を用いて解説しており非常に実用的でした。(もとしん様)
  • とにかく具体的な事例が数多く掲載されており、すぐに活用できるので助かりました。特に第3章のプロンプトの書き方は大いに参考になりました。今まで指示の出し方については無頓着でしたが、ここに書かれていることを実践するだけで、自分の欲しい情報を取り出せる精度があがり、ストレスが一気に軽減しました。(ハイスクール様)

おかげさまで重版となり、在庫はまだ余裕があります。 ご購入はこちらからお願いします!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

主な業務は、一般誌や専門誌、業界紙や新聞、Web媒体などBtoCコンテンツ、および広告やカタログ、導入事例などBtoBコンテンツの制作。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として「哲学カフェ@神保町」の世話人、2020年以降は「なごテツ」のオンラインカフェの世話人を務める。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

「金曜ロードショーとジブリ展」に行ってきました

猛暑をサバイブ!モンベルの「サンブロックアンブレラ」を購入

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る