やる気が湧く、勉強がはかどる! アイデア文具4選

やる気が湧く、勉強がはかどる! アイデア文具4選

日経BPの「NIKKEI STYLE」というWeb媒体で、文房具をレビューする連載を書いています。第5弾は、勉強がはかどるアイデア文具4選です!

コロナ禍でリモートワークが推奨される状況となり、空いた時間を有効活用するアイデアのひとつとして「リカレント学習(学び直し)」に関心をもつ人が増えているようです。

インターネットを検索すると、学び直しをターゲットとしたさまざまなオンライン学習サービスが見つかります。実は私も、2年ぶりにスタディサプリを再開しました。伊藤賀一先生の社会科の授業はおもしろい上にわかりやすく、するすると頭の中に入ってきます。おすすめです。

スタディサプリ

そこで学び直しを支援する文具を探してみたのですが、いやいや、すごいですね。文房具もちゃんと進化しているんですね。個人的に特に気に入ったのが、マーカー代わりに使えるふせん。私、小心者なので本にペンやマーカーで描き込めないんですよ。でも「ここは覚えておきたい」という箇所があったら、それがわかるようにマーカーを使いたい。そのジレンマを文房具が解説してくれるだなんて思いませんでした。

ほかにも便利な文具を紹介していますので、気になる方はぜひリンク先の記事をご覧ください。

やる気が湧く、勉強がはかどる! アイデア文具4選

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊ポッドキャスト生活】#05 日本人を動かした「フォーモ」って何?

【車旅】三種の神器がある熱田神宮に行ってきました

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る