デスクワークに疲れたら 気分一新おすすめグッズ4選

デスクワークに疲れたら 気分一新おすすめグッズ4選

日経BPの「NIKKEI STYLE」というWeb媒体で、文房具をレビューする連載を書いています。第4弾は、デスクに備えておきたい気分転換アイテム4選です!

東京では緊急事態宣言が解除され、一気に通常が戻ってくるのかと思いきや、まだまだテレワークを続けている会社は多いようです。第6波を警戒して様子を見ているのかもしれませんし、職場を移転してフリーアドレス化したため、全社員出社自体が難しくなったのかもしれません。いずれにせよ、まだしばらくはテレワーク(リモートワーク)は続きそうです。

テレワークで課題になりがちなのが、「オフとオンの切り分けができない」ということ。私はこの連載のなかで、何度かこの課題に挑戦してきましたが、今回はその発展形として「デスクに気分転換アイテムを置くと仕事が捗るよ」という提案をしてみました。

イチオシはいつでも自分をリブートできる「KACHA」ですが、装着したあと視界がクリアになる「ホットアイマスク」もよかった。ゆるキャラっぽい「ツノザウルス」は、機能はもちろん、そのユニークでチャーミングな見た目でも癒してくれるという優れもの。サーモスのマグは、時間がゆったり流れるニクい演出付き。実際に試してみましたが、ふわっとフタが開く感覚が斬新で、何度も開いたり閉じたりしました。

今回紹介した商品のリストはこちらです。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【休日ランチ】秋の味覚! 栗ときのこのクリームソースパスタ

【週刊辻村】「ゲームと連動して色が変わる!」スマートライト「Philips Hue」でゲーム部屋作りに挑む!

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る