【車旅】ハスラーを車中泊仕様に

「ハスラーに乗ってどこまでも行こう!」 という記事に書いた通り、先日ハスラーを購入し、10月9日、めでたく納車と相成りました。

新車だと4〜5カ月待たされるところ、店頭にあった試乗車を譲ってもらったので、購入から納車まで約2週間。その間に駐車場を契約したり、車庫証明を取ったり、ハスラーのカスタマイズ動画を視聴したりと、大忙しでした。

駐車場を借りるにあたり、誤算だったのがハスラーの車高。以前乗っていたキャンピングカーは背が高かったので、青空駐車場しか選べませんでしたが、ハスラーは軽自動車だからそんなことはないだろうと思い、近くにある立体駐車場を借りようとしました。ところが、残念なことに高さ制限にひっかかってしまってアウト。ハスラーの車高は168cmで、立体駐車場の高さ制限はだいたい150cm。20cmほどオーバーしてしまったのです。ということで、少し離れた青空駐車場を契約。

納車早々、さっそく車中泊できるかどうか試してみることにしました。まずは、シートを倒してフルフラットにする練習からスタート。この記事の説明によると、フルフラットにする方法は3通りあります。

今回試したのは、前席はフラットになるまで倒し、後席は前に倒すというパターン。そうすると、こんな形になります。

後ろの部分はほぼ平らですが、前の部分が少しでこぼこするので、そこにクッションを入れ、その上にマットを敷いてみました。すると、こんな感じになります。

実際に寝てみましたが、凸凹が吸収されて心地良く寝られました。これなら大人二人で車中泊できそう!

次回は、デスクにも荷物置き場にもなるラゲッジボードの設置についてレポートします。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【休日ランチ】さんまの天ぷら丼

【車旅】ハスラーで仕事も食事も

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る