【PickUP!】宮本浩次さんと櫻井和寿さんの「東京協奏曲」を聞いて

9月15日、YouTubeにこんなPVが公開されました。

これを見た池田美樹さんという方が、こんな言葉をツイートしていました。

「夢が叶えられない人も戻ろうとして戻れない人も」のところで号泣してしまった。おふたりがこの年齢になったからこそ歌えることがあるんだなあ。

https://twitter.com/IKEDA_MIKI/status/1437919413995380742

この曲を聞いて泣いてしまうのは、おそらく地方から東京に出てきて頑張っている人。この2年、ふるさとに帰りたくても帰れなくて寂しい思いをしている人には、ことのほか響くはず。

今朝散歩しているとき、ふと「この2年、東京の住民は特に辛い思いをしてきたよなあ」と思いました。「県外に出るのが怖い。その土地の人にウイルスを広げるような気がするから」ということ、なんとなく(頭の端っこで)感じ続けていたような気がします。その思いを抱え、じっと時が過ぎるのを待つ。そんな2年だったような気がします。

敬老の日、孫たちからかわいい絵や写真が届きました。子どもの成長は早いのに、会えない期間が長すぎて。私の父は今年87才。今も元気で一人暮らしを続けていますが、いつも電話を切るとき「このまま会えなくなったらどうしよう」と泣きそうになります。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【りぶる】純烈さんとのスマホ講座 最終回のテーマは「困った時は」

【はじめてのZoom】音が途切れ途切れに聞こえる

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る