自民党所政局の機関誌「りぶる」で純烈さんと一緒にスマホ講座をスタート!

なんでこんなことになったのか、本人もよくわかっていないのですが……先月「自由企画社」という会社から「うちの機関誌でスマホ講座を企画しているので、執筆を担当してくれないか」という連絡がありました。

聞くと、自民党※では「デジタル改革」が推進されており、「シニア層のスマホ活用」を目指して企画されたとのこと。シニア層にむけたスマホ解説記事ということで、今回、私に白羽の矢が立ったようです。確かに最近の私の執筆記事はそういった傾向が強く、やれそうな気がしたのでお請けした次第です。

※念のため、私自身はとくに決まった政党を支持しておりません。

ということで、6月15日発売の7月号に初回の記事が掲載されました。これから4回に亘って、純烈のメンバーの方と一緒にスマホの使い方を解説していきます。

初回のお相手は、純烈のリーダーである酒井一圭さん。第1回ということで、基本操作についてお話しました。

  • もっと速く文字を入力したい
  • 「電源を切って下さい」と言われた。どうすればいいの?
  • 画面がタテになったり、ヨコになったり。どうにかならないの?
  • ネットを見ていたら画面が消えてしまった。

この4つのお悩みを解決しました。

この会報誌は、本屋では販売しておりません。もしご興味のある方は、マイカのお問合せページから「りぶる希望」とご連絡いただければ、手元にある見本誌を差し上げます!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】DIME 8月号でゲーミング機器のテクノロジーを紹介

【はじめてのZoom】ミーティングを「録画」する

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る