【テレワーク寺子屋】43インチテレビをM1 Macの外付けモニターとして使う

とあるお仕事でM1版MacBook Proが必要になり、13インチを入手しました。その仕事が一段落し、ようやく普段の業務に使えるようになったので、いろいろ試しているところです。

M1版MacBook Pro(以下、M1版Mac)は、噂に違わずとてもパワフルで、2014年版MacBook Proと比べると、スピードに雲泥の差があります。たとえばOfficeアプリやAdobeアプリを使う際、これまでのMacBookだとアイコンをクリックしてアプリが開くまでにメールが1本書けるぐらい時間がかかりました。ところがM1版Macは、アイコンをクリックしてひと呼吸つく間にアプリが開きます。このスピードを知ってしまった今は、もう二度と以前のMacBookには戻れません。

そこで全面的にM1版Macに乗り換えようとしたのですが、困ったことがひとつ。これまで15.4インチ画面で作業していた私にとって、13インチというサイズは少し手狭に感じます。外付けモニタを用意することも考えたのですが、M1版MacにはHDMIポートがなく、使えるのはTypeCポートのみ。

さてさてどうしようかとあたりを見回したところ、我が家の4K対応テレビ(43インチ)にTypeCアダプタが刺さっているのを発見。冗談まじりに「ここに挿したらモニターとして使えたりして」なんていいつつ試してみたところ、当たり前ですがテレビ画面にM1版Macの画面が映し出されました。

その画面をみて、びっくり。以前、別のMacをテレビにつなげたときは、エッジがぼやけて文字もよく読めないような状態でした。ところがM1版Macだと、文字もアイコンもクリアに見えます。試しにブラウザでYouTubeを開いてみたところ、まるでテレビ番組のごとく美しい映像で再生されました。

さらに驚いたことに、マウスでカーソルを操作してもほとんどラグがなく、すいすいと思ったように動きます。これなら、Bluetoothのマウスとキーボードがあれば、冗談じゃなく本気でテレビがM1版Macの外部モニターになりそうです。43インチのモニターって、ちょっとどうなの?と思わなくもないですが…。それにしても、ほんとにすごいんですね、M1版Macって。実力を思い知りました。恐れ入りました。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日経新聞「買い物上手」で電気ケトルを比較

【休日ランチ】古民家カフェでガレットを

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る