「SNS化するゲーム」を執筆しました(日経エンタテインメント!)

12月4日発売「日経エンタテインメント!」2021年1月号の巻頭特集「2020年ヒット総まくり」で、ゲームのトレンドについてまとめました。

2020年を代表するヒット作と言えば「あつ森」と「フォートナイト」ですが、これ、いずれもクリアを目的にプレイするものではないらしいんです。そこで、ゲーミングPCメーカーや量販店、ヘビーユーザーなどにお話を聞き、傾向を分析してみました。

記事の最後は、ゲームをテーマにしたコラボ曲「化かしHOUR NIGHT」をリリースしたビッケブランカさんと岡崎体育さんをインタビュー。ゲームでつながっていく楽しさについてお話を伺いました。

それにしても、ほんとビッケさんも体育さんもお話が上手! 私、インタビューということを忘れて、ずっと笑っていました。やっぱりラジオやっている人はすごいです。

記事内でお二人が話していた「化かしHOUR NIGHT」のPVはこちらにあります。聞いていると、とても元気になれる曲です。私、毎日ヘビロテしています。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【隠居の書棚】 #11 多重解決ものって何だろう(1)

【暮らし】クリスマスが待ち遠しいシュトーレン

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る