【レビュー】フープロとパスタマシンで餃子を作ろう!

まだ包丁使ってる? 絶品餃子はフードプロセッサーで

家電コーディネーターだった故・戸井田園子さんの息子さん、戸井田満樹(まんじゅ)さんがついに登場しました! 

常に家電の新製品が100台以上ある環境で育った彼にとって、家電は空気のようなもの。息をする感覚で、新製品を使いこなします。そんな彼を見た戸井田園子さんは「まるで家電サラブレッドね」と言っていたそうです。

戸井田園子さん亡き後、戸井田満樹さんは「母の遺志を継いでいこう」と決意。NIKKEI STYLEの新連載をスタートすることになりました。そこで、園子さんと一緒に記事を作ってきた私が、彼のサポート役を担当。これから満樹さんと一緒に、家電記事を作っていきます。

ちなみに満樹さん、得意な家電は「調理家電」とのこと。これから「調理家電研究家」として、調理家電を使って作るさまざまなお料理を紹介していきます。

とはいえ、なんといっても「家電サラブレッド」ですから、普通の調理家電紹介とはひと味違います。なんたって「えっ。井上さん、今でもガスコンロ使って料理しているんですか?」というような方ですから。今回のテーマである「餃子」も、「いや、餃子作るのに包丁なんて使わないでしょう」という彼の一言で決まりました。

包丁を使わずに作る美味しい自家製餃子の作り方、知りたいかたはぜひ記事をご覧下さいませ。

まだ包丁使ってる? 絶品餃子はフードプロセッサーで

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【休日ランチ】亀有「松むら」のかき揚げ丼

【重箱の隅つついちゃうよ】「頭一つ安い」って違和感あるわ……( ・´ω・`)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る