【重箱の隅つついちゃうよ】いったい誰が誰を好きなのよ (´・∀・`)

腕利きの編集者&ライターである堀井塚さんが、間違った日本語の使い方を指摘しつつ、正しい日本語を解説する「重箱の隅」シリーズ。ここに掲載されているのは、実際に堀井塚さんが編集した原稿の中にあった例だそうです。恥ずかしながら、私も同じような使い方をしていた覚えが……。

それでは、今回も選りすぐりの5例をご紹介しましょう! (井上真花)


(1)「危機」じゃなくて「機」な ( ಠ﹏ಠ )

よく「存亡の危機」とか言う人がいるけど、正しくは「存亡の機」な。「存続の危機」なら分かるんだけどね。

(2) 誰が誰を好きなのよ? ( ・´ω・`)

ハゲマッチョが好きな○○さんの奥さん」って書いたら、

  • ○○氏がハゲマッチョの好みで、その奥さんなのか、
  • ○○氏がハゲマッチョ好きで、その奥さんなのか、
  • ○○夫人がハゲマッチョの好みなのか、
  • ○○夫人がハゲマッチョ好きなのか、

どうとでも解釈できるでしょ?

(3) “一歩”って言ってるじゃん ( ಠ_ಠ )

一歩秀でる」じゃなくて「一歩先んずる」な。ちょっと先を行っているって意味な。

(4) それ、誰が思い浮かべてるのよ? (´・∀・`)

立ち食いと言えば蕎麦が思い浮かぶが~~」って、自分で言って自分で思い浮かべんな。「立ち食いと聞くと蕎麦が思い浮かぶが~~」「立ち食いと言うと蕎麦を思い浮かべるかもしれないが」とかだったらつながるんだけどねぇ。

(5) 「な」しか合ってない ( •́ㅿ•̀ )

~するのは生半可なことではない」……生半可は「中途半端」つー意味なんで、それを言うなら「並大抵」な。

次回もつつきまくるよっ
(`・ω・´)ゞ

アバター画像

堀井塚 高

投稿者プロフィール

企画・執筆から編集、校正までを一人でこなす“校了請負人”。IT関連はもちろん、金融商品、医療関係、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。趣味は将棋(アマ三段)と外国語学習(英語、フランス語、イタリア語)。家族は高校生の息子とアレクサ6台。座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

この著者の最新の記事

関連記事

【はじめてのZoom】ミーティングを録画する

【予約受付中】ゼロからはじめる Zoom 基本&便利技

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る