【コラム】起業家が成功する条件は何か

先日、NewsPicksでおもしろい動画を見ました。
タイトルは「起業家が成功する条件は何か?」。

堀江貴文氏、斎藤祐馬氏、田中修治氏、加藤史子氏が、
それぞれ、起業家が成功する条件について語ります。

そのなかで、堀江貴文氏が掲げた条件は「しつこさ」でした。

堀江氏は、よくイベントを開催しますが、そのとき
「堀江さんはいいよね、有名人だから。
黙っていてもたくさんくるんでしょう?」と言われるそうです。

でも彼は、「とんでもない!」と言います。

「人の金や時間、とくに時間をもらうのは難しい。
映画やゲームがライバルなんだから。
だから、何度もしつこく背中を押し続けなければ」

ちょっと考えると、そういう「しつこい人」は、
嫌われるか、うざったがられるように思えますよね。
誰だって、できればそんな人にはなりたくない。

でも堀江氏は「それを恐れずやり続けるしかない」と。
「そんなことに構っている暇はない」といいます。

この話を聞いて、私は3人の知人を思い浮かべました。

彼らに共通するのは、とてもしつこいということ。
でも、そのしつこさが「嫌じゃない」ということ。

……なんででしょうね。なぜか彼らのリフレインは
「うるさいなあ」ではなく、
「この人がこんなに言うなら」と聞こえてくる。

そこになにか、成功する秘訣があるように思えます。
ちょっと考えてみなければなりませんね。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【テレワーク寺子屋】なにも準備しないままとりあえずテレワークを始めてみた(2)チャットツールはなにがいい?

【旧車生活】青い空白い雲

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る