【インタビュー】No.0028 「若い世代が自分らしく生きられる社会にしていきたい」棒田明子さん

私、日経DUALという媒体で、「ばあばの本音」という企画を担当しています。その記事の監修をお願いしているのが、今回ご登場する棒田明子さん。彼女は「孫育て・ニッポン」の理事長として、全国各地で「孫育て講座」や行政との共同プロジェクトを行うなど、産後ママの子育てを支援する活動を精力的に行なっています。棒田さんの情熱の源がなんなのか知りたくて、いつもお忙しく飛び回っている棒田さんをなんとかつかまえてインタビューを決行! 子育て環境のみならず、棒田さん家庭のユニークなコミュニケーションスタイルなど、興味深いお話をいろいろと聞かせていただきました。

井上 棒田さんが理事長を務めている「NPO法人 孫育て・ニッポン」では、母親ひとりが子育てを抱え込むのではなく、パパやおじいちゃん、おばあちゃん、そして、地域の中で子育てできる社会を目指しているんですよね。

棒田 はい。いざという時に助けてくれるのは「家族」だけじゃない。人って、お隣さんとか、近くに住んでいる人とか、いろんな人と関わって生きてますよね。普段、よく接している人が、日常生活を送る上で困っていたら、できる範囲で助けたいと思うもの。その助けは、物であったり、事であったり、心であったり……。例えば、私にはずっと一緒にテニスをしてきた仲間がいて、今ではみんなバラバラだけど、何かあったら心の拠り所にもなるし、同じマンションや近所の商店街にも、子どもたちの成長を喜んでくれる人がいる。

井上 そう、昔は近所の人たちと一緒に子育てしたりしてましたよね。私が子どもを育てるときもそうだった。近所のおばちゃんたちが、みんなで赤ちゃん抱っこしたり、おやつ食べさせてたり、たまに別の家で昼寝していたり(笑)。

棒田 そうですよね。ご近所だったり、昔からの友だちだったり、遠い親戚だったり。そういう関係があちこちにいろいろあって、いろんな人たちに囲まれ、可愛がられたり、遊んでもらったりしながら育っていくほうがいい。いろんな人が一緒に子どもに関わっていけるような、そんな社会であってほしいと思うんです。

井上 それって、「家族」が広がっていくようなイメージですね。

棒田 家族像って、かなり国の施策に影響されていますよね。たとえば昭和のはじめには、高度成長を支える家庭を作ろうとして、夫はひたすら仕事に励み、妻は子育てしながら家を守る。そうやって、効率よく経済成長させようとしていたんだと思います。そう考えると、「家族」の形ってその時代によってずいぶん変わるんだと思う。

井上 日本人って真面目だから、みんなその流れをきちんと守ってきたんですね。

棒田 そうそう。で、今は「一億人総活躍社会」でしょ。あんなに「女は家庭を守ればいい」なんていっていたのに、今や「男も女もみんな働くんだ!」なんて言う。そうすると、今度は子育てしながら家を守る主婦が、なんとなく居心地悪いような気になる。そういうのって、なんかおかしいですよね。価値観の幅がとても狭くなっているような気がします。

井上 価値観を広げるにはどうすればいいんでしょうか。思い込みや枠組みをなくせばいいのかな?

棒田 枠組みがないと困る、不安になる人もいると思うから、なくさなくてもいいんですよ。ただ、竹で作る枠組みではなく、パンツのゴムで作った枠組みにして、状況に応じて柔軟に形が変えられるようになればいい。

井上 棒田さんの家族はどうですか?

棒田 夫はとても日本人的な性格で、彼の枠組みはたぶん竹(笑)。パンツのゴムで枠組みを作っている私とは、正反対なんです。たとえば会話していても、彼は日本人らしく「言わなくても察してほしい」タイプ。でも私は、自分の気持ちは相手にちゃんと言わないと伝わらないと思っている。だから、夫や息子たちにはしつこいぐらい質問して、どうして欲しいかを聞き出します。しつこすぎて、息子からはよく「うざい」といわれるけど(笑)

井上 どうやって聞き出すんですか?

棒田 息子たちには、小さい頃からよく「どうしたいのか、書いてみて」といって書かせました。たとえば「野球がうまくなりたい」と言ったら、「どんな風にうまくなりたいの?」と質問する。それをなるべく具体的な行動に落としていき、それを紙に書く。文章にしてもいいし、箇条書きでもいい。そうやって自分の気持ちを紙に書くことによって、自分がやりたいことが明確になり、もっと深く考えられるようになる。この過程が大事なんです。

井上 なるほど。自分の気持ちを客観視するんですね。それは確かにいいかもしれない。

棒田 書いた紙は、みんなが見えるところに貼って、ことあるごとにそれについて話をしたりするんです。そうやって何度も会話をすることで、はじめて相手が求めていることがわかる。それさえわかれば、あとは簡単。どうやればその夢が叶うのか、一緒にいろんなプランを考えて、その中から一番いいプランを選び実行する。

井上 そうやって、子どもたちに物の考え方も教えたんですね。棒田さんって根気があるんですね。

棒田 いえいえ、私はとても面倒臭がり屋なの。何度も言うのが面倒だから、と言うのが始まりだったような気がします。一番役に立ったのは、遠足や修学旅行の準備ですね。「必要なものを紙に書き、チェックしていく」ということをずっとやっていたので、いまや彼らの荷造りはメチャクチャ早いですよ。

井上 それは効果ありそう。うちも実践してみよう。

棒田 紙に書いて、貼っておけば「言った」「言わない」にならない。だから必ず、日付と名前は書くようにしていました。そうすれば、もう言い逃れはできない(笑)

井上 なるほど、言質(げんち)をとるんですね。棒田さんは、昔からきちんと自分の気持ちを言語化して相手に伝える性格だったんですか?

棒田 以前、1年間ほどオーストラリアで暮らしたことがあったんです。そこで学んだのは、自分の気持ちをちゃんと言葉にして伝えないとダメだということ。オーストラリアでは、何も言わずに黙っていたら、それはもう「いない」のと同じ。そうやって教えられたから、日本でもしっかり言葉にして伝えるように心がけた。夫からはよく「あなたのように思っていることをズバズバ言えたらいいね」といわれます(笑)

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【レビュー】おためし! ツインバードのブランパンメーカー

【レビュー】SmartLED「PS-LIB-W01 ソフト編

新型コロナ・ウイルス最新情報

  1. このコーナーでは、テンソルコア代表・秋月雅史が最新の「感染拡大の現状」についてお伝えします。 …

オススメの記事

  1. 2020-2-19

    【旧車生活】青い空白い雲

    寒さが緩んだ今日。空にはポッカリ浮かんだ白い雲。自分が花粉症であることも忘れて、思いっきり深呼吸し…
  2. 2020-2-18

    【休日ランチ】伊豆天城「あまご茶屋」の紅姫あまご漬け丼

    伊豆へ行ってきました。 いつもならいろいろ下調べしてから出かけるのですが急に思い立って出かけ…
  3. 2020-2-12

    【旧車生活】オーバークロック

    電気街口を降りて、ダイビルからUDXにいたる場所。そこはかつて、広いバスケットコートでした。人が行…
  4. 2020-1-30

    【インタビュー】No.0029 「わかっちゃいるけどやめられない」薬物依存の世界を、鈴木輝一郎が語る

    作家の鈴木輝一郎さんとは、約25年前にNifty-ServeのFbookフォーラムで言葉を交わして…
  5. 2020-2-18

    【テレワーク寺子屋】なにも準備しないままとりあえずテレワークを始めてみた(1) Zoomをセットアップ

    新型コロナ・ウイルスの影響で、マイカは本日からテレワークを始めました! といっても、これまで全く準…

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-8-13

    【インタビュー】No.0017 ITライターから宇宙ライターへ。松村武宏さんが語る宇宙の魅力

    格安スマホライターとして有名な松村武宏さん、実はチームマイカのメンバーでもあります。マイカでお願い…
  2. 2019-8-12

    【インタビュー】No.0016 グローバルな子はワガママであれ!ジュネーヴ在住、杉野ママの子育てとは

    かつしかFM「早く教えてっ!ママレーザー」のパーソナリティとしてご活躍していた杉野朋子さんは、小5…
  3. 2019-5-12

    【インタビュー】No.0001 「…My cup of tea..」のポトフさんに聞く、ポッドキャストの「今」

    13年10ヶ月続いた老舗ポッドキャスト「...My cup of tea...」は、昨年末(2018…
ページ上部へ戻る