子宮鏡手術、初体験!MJと同じ麻酔なのに幸せになれなかった私

井上真花です。私事ですが、先週、子宮ポリープを切除するため、子宮鏡手術を受けてきました。手術も全身麻酔も初めての経験でしたが、おかげさまで無事終わり、今週月曜から普通に仕事復帰しています。本当に、医療の進歩ってすごい。

せっかくなので、入院から手術までの一連の流れを、私の個人ブログに細かくレポートしてみました。もしご興味ありましたらご覧下さいませ。

写真は、3日目の朝ごはん。病院食は美味しくないとよく言われますが、永寿総合病院のごはんはとても美味しかったです。また入院してもいいな。いや、よくないけど。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

里帰り出産、本当に必要?誰も辛くない産後サポートスタイルを考える

秀逸な”多ボタン”ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED」はバトロワとの相性抜群!

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る