2万円台でスマートホーム 値ごろ商品は買いなのか? 実際に使ってみた【日経トレンディネット】

 製品をネットワークに接続し、一元的に制御することで自動化された快適な生活を実現するスマートホーム製品。今話題の「Google Home」「Amazon Echo」「Clova WAVE」などのスマートスピーカーも、家電を声で制御できるスマートホーム製品ともいえる。

 いわば家全体をロボット化させるスマートホームは、SF映画に出てくる「未来の家」そのもの。基本、面倒くさがりの筆者はできれば座っている場所から移動せず、すべての家電を手元で操作したいし、ゆくゆくは音声だけでコントロールしたい。命令するだけで家庭内の電化製品がすべて動けば、まるで王侯貴族のような気分を味わえるはず。日本ではまだ対応製品がいくつか発売されているぐらいの段階だが、生活の利便性を向上させるために、筆者の自宅でも積極的に導入していく予定だ。

 今回はそんなスマートホーム製品5製品をセット商品にした、マウスコンピューターの「mouse スマートホーム スターターキット」のをお届けしよう。

 スマートホーム製品を連携させてコントロールする「ルームハブ RH01」、赤外線で人の動きをキャッチする「モーションセンサー MS01」、電源のオンオフをコントロールする「スマートプラグ SP01」、遠隔操作で調光可能な「スマートLEDライト LL01」、ドアや窓の開閉を感知する「ドアセンサー DS01」がセットになっている。

 価格はAmazonで2万4119円(10月17日時点)。音声アシスタント機能は実装されていないが、オールインワンで手に入る商品としては値ごろ感がある。

 なおこのほかに、空気の汚れを監視する「PM2.5センサー PS01」(9980円)や空気の汚れを除去する「スマート空気清浄機 AP01」(3万4800円)が発売されている。

 

f:id:minatsujimura:20171225094045j:plain

 

trendy.nikkeibp.co.jp

辻村 美奈(つじむら みな)

投稿者プロフィール

■プロフィール
北海道出身で、PCゲームのゲームヲタ。ゲームライターとして、価格コムやNIKKEI STYLE、トレンディネットなどで記事を執筆しています。
現在、Steamのゲームを紹介するSteam Maniaを運営中!

●連絡先
ブログ:https://steammania.tokyo/
メール:mina@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

城壁都市から学ぶ「安全」な場所と「危険」な場所 犯罪が起きやすい場所は「城壁の外」。自分が今いる場所を見極めて(日経DUAL)

“個性派”格安SIM nuroモバイルで得するのはどんな人? 時間プランやデータ前借り【日経トレンディネット】

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る