【週刊ポッドキャスト生活】#36 Apple Podcastsに番組を登録しよう

これまでAnchor(アンカー)の紹介と、Anchorアプリでポッドキャスト番組を作成する方法ポッドキャスト視聴アプリで聴く方法を紹介してきました。今回は、Apple Podcastsに番組を登録し、検索してもらいやすくする方法を解説します。

以前は、Anchorが自動的にApple Podcastsに登録申請してくれていましたが、現在は自分で登録するように変わっています。少し手間はかかりますが、Apple Podcastsの利用者は多いので、登録しておいたほうがよいでしょう。

Apple Podcast Connect にアクセス

Apple Podcastsへの登録は、専用の管理画面「Apple Podcast Connect」から行います。複数のポッドキャストを登録することもでき、ポッドキャストの管理とアクセス解析などが行うことができます。まずは下記のURLからログインしてみましょう。

https://podcastsconnect.apple.com/

Podcast Connectには Apple IDでログインします。これまで、MacやiOS端末を使ったことがあれば、既にお持ちのApple IDでサインインできます。

Apple IDを持っていない場合は「作成はこちら」をクリックし、Apple IDを作成します。メールアドレスがApple IDになります。

既にApple IDをお持ちの方が初めてPodcast Connectにアクセスすると、次のような画面になります。「はじめに」をクリックしましょう。

アカウントの設定画面になるので、管理しやすい「アカウント名」を入力します。「アカウントの種類」は、米国国税庁に法人または組織として登録している場合は「法人」を選択しますが、それ以外は「個人」を選択します。

なお、Podcast Connectは複数人で番組の管理ができるので、管理者個人のApple IDで構いません。サービス規約を読み、「内容に同意します」にチェックして「保存」をクリックします。

新しくApple IDを作成した場合など、次のようにApple IDのアクティベートを求められる場合があります。アクティベートには同じApple IDでサインインしたパソコンやスマートフォンなどの端末が必要になります。

紐付けする端末でミュージック(またはiTunes)アプリを起動し、同じApple IDでサインインするとアクティベートすることができます。

無事にアカウントの設定が完了すると、次のような画面になります。

番組を登録するとここに並ぶようになりますが、まだ何もない状態ですので「番組を追加」をクリックします。

ポッドキャスト番組を追加する

まずは「番組タイプの選択」です。Anchorで作成した番組などを追加する場合は1つ目の「RSSフィードがある番組を追加する」を選びます。Anchor以外の場合もRSSフィードのURLが分かるものであれば、どんなものでも登録できます。

2つ目の「RSSフィードがない番組を追加する」は、Apple Podcastでのみ配信される番組を作成するときに選びます。この場合、エピソードの更新もPodcast Connectから行うものになります。

選択したら「次へ」をクリックします。

入力欄にポッドキャスト番組のRSSフィードをペーストします。正しいRSSフィードのアドレスをペーストしたら「追加」をクリックします。

Anchorの場合は、Anchorのサイトにログインし、右上の「設定」から「ポッドキャストの利用可能状況」を選び、「RSS配信」の欄に記載されている「RSSフィード」をコピーします。

正しく追加されると、Podcast Connect内に番組名などが表示されます。この状態ではまだ下書き状態で、番組詳細もすぐに表示されないので、数分待ってページを再読み込みします。

アートワークなども表示されたら、「更新頻度」をプルダウンから選びます。配信頻度は正確なものでなくても良いですし、後から変更もできるので、一旦どれかを選択しましょう。

次に下にスクロールして、「コンテンツ配信権」を選択する必要があります。

他の人が作った楽曲や音源、音声を含まない場合は1つ目を、含んでいても許可が取れていたり、権利的に問題ない場合は2つ目を選択します。

ほかの人が作った楽曲や音源、音声を含み、そのコンテンツの使用許可が取れていない場合、知的財産を侵害することになるため、配信してはいけません。したがって、Apple Podcastには登録できません。

連絡先の登録はオプションになっていますが、Appleに問い合わせをする時などに役立つので、登録した方が良いでしょう。メールアドレスはApple IDとは違うものを設定しても構いません。

更新頻度とコンテンツ配信権を選択したら、公開することができるようになります。ページの上部に戻って「保存」をクリックして「公開」ボタンを押すと公開され、ステイタスが「下書き」から「公開済み」に変わります。

「番組詳細」の中に記載された「Apple Podcast URL」へアクセスすると番組のページが表示されますが、表示されるまで少し時間がかかります。しばらく時間を置いて確認するとページが作成され、Apple Podcastのアプリなどでも表示されます。

Apple Podcastの中で検索されるようになるには、さらに少し時間はかかりますが、これで登録は完了です。

このように、Apple Podcastへの登録申請は自分で行う手間がかかるようになりましたが、待ち時間が短縮されて、その日のうちに公開できるようになるというメリットもあります。

次回はAmazon MusicやGoogle Podcastへの登録を紹介します。

【チームマイカ】佐藤新一(ポトフ) 

投稿者プロフィール

f:id:mica:20140307150231j:plain

佐藤 新一

2005年から配信する古参ポッドキャスター 。
2021年から日本ポッドキャスト協会の会長となりポッドキャストの普及に努める。

Whizzo Production 代表。広告代理店の営業や企画制作会社のWEBディレクターを経て独立。WEB制作・ポッドキャスト制作やライター業などを行う。
座右の銘は「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクション」。

この著者の最新の記事

関連記事

小中学生の放課後の居場所を作る「NAZELAB」という試み

【車旅】揚げ物絶品!快活CLUBでご飯を食べる

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る