【休日ランチ】まいまい号の車旅に一瞬だけ合流! 出石で皿そばを食す

「じゃ、11時過ぎに待ち合わせね」

と、まるで上野で集まるみたいに話していますが
今回の待ち合わせ場所は兵庫県出石(いずし)市です。
東京から西を目指して走るまいまい号に合流してみることにしました。

当日は快晴。
前日に雨が降っていたせいか気温はそれほどでもなく
過ごしやすいというか一枚羽織ってもいいぐらい。

先に到着して真花さんたちがやってくるのを待っていたところ、
パッと見てそれとすぐわかるハイエースがやってきました。
白いボディにオレンジ色のラインはやっぱり目立ちますね!

車から二人が降りてくると、
再会のあいさつもそこそこに、お店へと急ぎます。
この日は日曜日。人気店はすぐに混雑するのです。

真花さんたちと同じようにバンライフを楽しんでいるYouTuberさんが
紹介していたお店は残念ながらもう行列ができていたので
あきらめて別のお店へ。
(同じように、って言ったら叱られるわね。
 真花さんたちがやってるのは「バンワーク」です)

次に選んだのは「輝山」さん。
こちらのお店は白いお蕎麦と黒いお蕎麦が食べられるのです。
だったらやっぱり両方食べるよね。
ということで、まずは、白を4人前、黒を4人前で注文。

出石そばは出石焼という磁器の小皿に分けて盛り付けられているのが特徴。
輝山さんでは1人前が5皿となっています。
小皿にちょっとずつ載っているおそばは
とても食べやすくて、いくらでも食べられそうな気がするんですよね(笑)
あと、薬味としてネギ、ワサビのほかに
とろろと生卵が用意されているのも出石そばならではのものかなと思います。

ちなみに、ひとりで20皿以上をたいらげると、
そば通の証として「手形」がもらえるのですが
今回は誰も達成できませんでした。
(真花さん9皿、秋葉さん16皿、わたし9皿、相方11皿)

町のシンボル辰鼓楼。日本で二番目に古い時計台です。

今回わたしたちが訪れた出石の城下町には
そばのお店が40軒以上あるそうです。
おそばの風味やそばつゆは、お店によって違うので
何度も訪れてその違いを楽しむのもおもしろいかも!

友人オススメのコロッケも食べました。

食後は、ハイエースにお招きいただきました。
バンワーク仕様のまいまい号の中に入ると
秘密基地にもぐりこんだような気分になります。
いつもZoomでは見てるけれど、
実際にはこういう環境でお仕事をしてるんだなぁ。

ソフトクリームにまぶしてあるのはそばの実です。サクサク!

真花さんが淹れてくれたコーヒーを飲みながら
夕方近くまでおしゃべりを楽しんで
真花さんたちは次の目的地へ。
わたしたちは帰路へ。

次回もまた車旅の経由地で会うことになるのかな。
このあともどうぞよい旅を!

■輝山
兵庫県豊岡市出石町八木62

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【ブルーエア】愛犬たちと戸井田園子さんの追悼コラム?

【週刊ポッドキャスト生活】#31 ポッドキャスト視聴アプリの動画対応

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る