【地元の飲食店を応援しよう】入谷の「Sandwich émiu(サンドイッチ・エミュー)」

コロナ禍でたいへんな思いをされている「地元の飲食店を応援しよう」シリーズ。第四弾は、入谷にある「Sandwich émiu(サンドイッチ・エミュー)」さんをご紹介します。

先日ご紹介した鶯谷のサンドイッチ店「OCEAN SANDWICH SHOP」は「アメリカンサンドイッチ」専門店でしたが、「Sandwich émiu(サンドイッチ・エミュー)」は「パニーニサンドイッチ」専門店。サンドイッチにも、いろんな種類があるんですね。

「OCEAN SANDWICH SHOP」のパンはドイツから輸入しているプレッツェル生地でしたが、「Sandwich émiu」のパンはパニーニ。表面に独特な焼き目がついていて、サクッと美味しく食べられます。

私が注文したのは生ハムとモッツァレラチーズのサンドイッチ(手前)で、夫はプルコギサンドイッチ(奥)をオーダー。テイクアウトでとお願いしたところ、「召し上がる時間はいつ頃でしょうか」と聞かれました。わが家は近所だったので「すぐにいただきます」と答えると、こんな風に焼いたものを渡してくださいました。もう少し時間がかかる場合は、焼かずに渡すこともあるのかな。パニーニは焼きたてが美味しいので、おそらくそういうことだと思います。

店内にも食事するスペースがあるので、熱々を食べたいときは店内でどうぞ。落ち着いたカラーで整えられたおしゃれな空間でした。

■Sandwich émiu(サンドイッチ・エミュー)
東京都台東区下谷3丁目11-10

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊ポッドキャスト生活】#09  2022年のポッドキャストはどうなる?

【車旅】伊勢神宮めぐり第二弾!「外宮」にいってきました!

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る