【地元の飲食店を応援しよう】鶯谷の「OCEAN SANDWICH SHOP」

コロナ禍でたいへんな思いをされている「地元の飲食店を応援しよう」シリーズ。第三弾は、鶯谷にある「OCEAN SANDWICH SHOP」さんをご紹介します。

「アメリカン サンドイッチ屋」として、今年8月にスタートしたこのお店。わが家の近くなので、何度か店の前を通っていましたが、なかなか入るきっかけがつかめずにいました(近くのお店あるある、ですよね)。

今日はたまたまランチタイムにこの店の近くにいたので、この機を逃してはならぬと、いざ入店。「サンドイッチ屋というからにはサンドイッチがあるのだろう」と想像していましたが、メニューにあるのは私が思い描くサンドイッチではありません。どちらかといえば、ハンバーガー?

手前がクリスピーチキンサンド(1000円)、奥が照り焼きチキンサンド(1000円)

しかも、なかなかのボリュームです。注文したのはいいけど、食べられるのかな……と不安になりました。

店内にイートインスペースがあり、2名のお客さんが座って食べていらっしゃいましたが、私はテイクアウト。自宅に帰り、袋を開けると、こんなイラストが。

かわいい手描きのイラスト!

たぶん、あの店長さんが描かれたんだろうなあ……。このイラストを見て、気持ちがほっこりしました。

袋から取り出してみると、想像通り、かなりのビッグサイズ! 口を大きく開いてもかぶりつける気がしませんが、でも、きっとそうするしかないんだろうなあ……と観念してガブリ。すると、やっぱり中に挟んである具が溢れてボロボロと落ちていきます。それもそのはず、このクリスピーチキン、揚げる前にちらっと見たところ、思っていたサイズの3倍はありましたから。わたしのように、具をボロボロ落としてしまいそうな方は、ぜひ片手にフォークを持って挑んでください。

私が食べたクリスピーチキンサンドは、さっくり揚げたチキンにマスタードがピリッと効いた刺激的なお味でした。夫が食べた照り焼きチキンサンドは、カリカリのチキンに美味しいソースがかかっていて、もう一度食べたくなる味だったそうです。

どちらも1000円とサンドイッチにしては少しお高めの価格ですが、味とボリュームの満足度はお値段以上でした。ぜひまた行ってみようと思います!

■OCEAN SANDWICH SHOP
東京都台東区根岸3丁目2−9

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【暮らし】きのう何食べた? シロさんのクレープ

【週刊ポッドキャスト生活】#08 ポッドキャスト広告の課題

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る