七五三の着物にまつわるミステリー

七五三の季節ですね。神社の近くを通ると、七五三の服を着たお子さんの姿をよく見かけるようになりました。ちょっと誇らしげなお子さんの顔を見ると「どうかみなさん幸せに」と祈らずにはいられません。

ところでサムネイルに使った写真は、私が成人式で着た晴着です。結婚式のお色直しでもこれを着た覚えがあります。母はことのほかこの晴着が気に入っていたようで「あなたの娘にもぜひこれを着せなさい」というので、娘の成人式にもこの着物で記念写真を撮りました。母はその時、わざわざ熊本から東京に出てきて、彼女の晴れ姿を見ながら「きれいだねえ、本当によく似合うねえ」と目を細めていました。

その息子や娘も親になり、ひ孫の誕生を喜んだ私の母は「ひ孫が七五三のときに着るかもしれないから、あの晴着を仕立て直しておくからね」といって洗い張りに出しました。その後すぐに母は脳出血で倒れ、晴着が洗い張りから戻ってきたときは、すでにこの世の人ではありませんでした。だから今も、この着物はそのまま保管されています。

せっかくだから母の希望を叶えてやりたいと思い、久しぶりにこの着物を出して眺めてみました。少しクラシックな柄ですが、どことなく上品です。七五三の「三才」には間に合いませんでしたが、せめて7才のときに着られるように、仕立てに出しておこうと思いました。

そこでふと、不思議なことに気がつきました。彼女が倒れる前、ひ孫は3人でしたが、すべて男の子でした。そして彼女が亡くなったあと、立て続けに女の子が2人、生まれました。まだ女の子のはいなかったのに、なぜ母は晴着を洗い張りに出そうと思ったのでしょう。まぁ結果的には彼女の思惑通り、この晴着を七五三の着物に仕立て直すことになりましたが、なぜそうなることを彼女は知っていたのでしょうか。あるいは、この着物にかけた彼女の思いが、ふたりの女の子をこの世に誕生させたのでしょうか……。考えれば考えるほど、不思議です。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊ポッドキャスト生活】#03 日本ポッドキャスト業界のトラウマ

【カフェめぐり】館山「TRAYCLE」でほっとひといき

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る