日経新聞「買い物上手」で透け感のある文具をレビュー

日経新聞「プラスワン」の「買い物上手」を執筆しました。テーマは「透け感のある文具」で、試したのは「マイルドライナー(ゼブラ)」と「ピープ(コクヨ)」と「SODA(キングジム)」と「半透明のふせん」(マインドウェイブ)。いずれも手帳を自分好みに変える文具です。

そろそろ来年の手帳を探したくなる季節。手帳を書く気分をあげるために、こういった文具を揃えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、このサムネイルにある画像、全部わたしが手帳に書きました。普段、こんな風にかわいく書いたことはないのですが、やり始めると楽しくなってしまって。引き出しの奥にしまい込んでいるマスキングテープを引っ張り出して、いろいろやってみようかなと思ったりしました。

興味のある方はぜひ記事をご覧ください。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊ポッドキャスト生活】#02 音声メディア後進国の日本

【ランチ】河金の元祖カツカレー「河金丼」

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る