【体験レポート】脂肪燃焼スープで身体はどう変化する?

夫がダイエットしたいというので、この機に乗じて私も一緒に痩せてやろうと思い、脂肪燃焼スープを試してみることにしました。今回は、そのレポートを。

脂肪燃焼スープのレシピはこちらを参考にしました。ネットを探すといろいろなバリエーションがあるようですが、まずは基本に忠実にと言うことで。

ではまず、データの変化から見ていきましょう。脂肪燃焼スープを始めたのが先月29日でしたので、29日以降の数字をご覧ください。へたれなので具体的な数字にはぼかしをいれていますが、その点はどうぞご容赦のほど。

体重は1.4キロ減で、よい調子。内臓脂肪もしっかり落ちています。皮下脂肪は今日は少し上がってしまいましたが、ほぼ順調。……と、ここまでは予測通りだったのですが、心配なのは筋肉量の変化。グラフを見るとかなり筋肉が落ちていて、体重の変化グラフとほぼ同じ。ということは、筋肉が落ちた分、体重が減ったということなのかしら。だとしたら、終了後にしっかり筋トレしないと。

ダイエット効果は以上の通りですが、私が特に強く感じたのは身体の感覚が変わったということ。いや、身体というより、身体のセンサーが変わったというべきでしょうか。たとえば、味覚。口にするものの味が全然違います。なにを食べても美味しくてびっくり。特に4日目にそのことを実感しました。キャベツがこんなに甘いだなんて、知らなかった!

さて、残るはあと2日。今日と明日はスープに加えて肉を食べてもいいとのこと! ずっと野菜と果物しか食べていなかったので、とても楽しみです。

ところで、この記事を読んで「やってみよう」と思った方に1つだけアドバイスを。ずっと同じスープを食べているとだんだん飽きてくるので、あらかじめ味変アイテムを用意しておくことをおすすめします。これはわが家の味変セットですが、なかでもガーリックは大活躍しました。昨日はキムチを入れてみましたが、あまりのおいしさに失神しそうになりました。ダイエットが終わっても、たまに食べたくなるかもしれません。ちなみに夫は「生姜+カレー粉が最高」と言っておりました。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】「ゲームと連動して色が変わる!」スマートライト「Philips Hue」でゲーム部屋作りに挑む!

【暮らし】キンモクセイの香りに感じる冬の気配

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る