【車旅】ハスラーで仕事も食事も

前回の記事では、ハスラーのシートをフルフラットにする方法を紹介しました。これで大人2人が車中泊できるようになりましたが、この状態だと荷物を置く場所がありません。

そこで、寝ている間、荷物を置く場所として、ラゲッジボードを設置。純正オプションのラゲッジボードもありましたが、結構お高いので、今回は夫が自作したラゲッジボードを設置してみることにしました。

自作する前に参考にしたのが、この動画。

この通りに作ったところ、とてもうまくできました。

写真ではボードの下に荷物を置いていますが、寝るときはボードの上に並べる予定。ラゲッジボードの下に足を入れれば、のびのび眠れます。

仕事をしたいときや食事をしたいときは、デスク代わりにもなります。

幅は1153mmありますので、このようにMacBookと iPad、間にポータブル電源を置いても余裕があります。実際に仕事をしてみましたが、全く問題なく使えました。

さらにもう1つ、アイテムを追加。両サイドの上部にマルチルーフバーをつけてみました。これがあれば、そこにS字フックやハンガーをかけ、服やランタンなどを引っ掛けておくことができます。収納場所を増やしたいときは、このバーにネットを渡して天井収納としても使えます。

というわけで、すっかり車旅の支度が整いました! さて、どこに行こうかな?

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【車旅】ハスラーを車中泊仕様に

【今日のおやつ】宝塚北SA限定「ベルサイユのばら どら焼き」

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る