PCとの併用で仕事の効率大幅アップ 手書きグッズ4選

日経BPの「NIKKEI STYLE」というWeb媒体で、文房具をレビューする連載がスタート。第二弾は、テレワークの効率をアップする手書きグッズ4選です!

PCとの併用で仕事の効率大幅アップ 手書きグッズ4選

4つとも便利ですが、私が特に推したいのはThinking Power Projectの「パンクタワー」という細長いメモ。A6をほぼ半分にしたサイズで、最近はこのタイプが増えてきましたが、実はこちらが元祖なんですよ。

記事のなかにうまく盛り込めなかったんだけど、メモを広げると表紙と裏表紙のイラストがつながって高〜い塔になるというのもステキポイント。イラストを描いたのは、おなじみYOUCHANさんです!

ゼブラの「サラサR」は、私、普段から愛用しています。くっきりすっきりとした線がきれいで、書いていて気持ちいいんですよね。いつまでも書いていたくなる、不思議なジェルボールペンです。

ホワイトボードとブギーボードも紹介しています。わが家では、ブギーボードはデスク上より冷蔵庫の扉で活躍しているかも。食材がなくなったときにすぐにメモできて便利ですよ。

詳しいレビューは、記事をご覧くださいね。ユーザー登録しなくても誰でもすぐに読めます。

PCとの併用で仕事の効率大幅アップ 手書きグッズ4選

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【休日ランチ】夏の終わりのすだちそば

【はじめてのZoom】「名前」を変える

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る