【レビュー】親指サイズのアクションカメラ「INSTA 360 GO 2」を使ってみた

最近、動画が気になっている秋葉です。動画といっても、見る方じゃなくて撮る方。YouTuberになろうとしているわけではありませんが。

動画はスマホでも撮影できますが、もっと手軽に普段の生活を撮影したいと思い、INSTA 360 GO 2というアクションカメラを購入しました。

INSTA 360 GO 2はとても小さくて、だいたい親指と同じサイズ。超小型だと手ブレが気になりますが、実は手ブレ補正がとても強力で、歩きながら撮影してもグラグラ映像が揺れることはありません。

磁気ストラップや簡易クリップなどのアクセサリを使えば、どこにでもマウント(装着)できる点も魅力。洋服の上や帽子、カバンのストラップなど好きなところにマウントして撮影できます。

スマホで撮影する場合、ポケットやかばんからスマホを取り出し、アプリを起動してビデオを撮影するという手順が必要ですが、INSTA 360 GO 2なら身につけている本体をタップするだけで撮影がスタート。「撮りたい」と思った瞬間から撮り始めることができます。実際似やってみましたが、ただ散歩の様子を撮影するだけでも、結構面白い動画になります。

撮影した画像は、スマホやパソコンで編集します。スマホアプリの場合、撮影した動画ファイルをいくつか選び「ストーリーを作成」をタップするだけで、いい感じの動画ができあがります。ゴリゴリ編集したい人はパソコンを使えばいいし、編集も手軽にしたければスマホアプリを使えばOK。

ただしバッテリーがすぐなくなる点と、保存できる容量が少ないという点はちょっと残念。バッテリーは充電器を兼ねたケースに入れれば充電できるのですが、保存容量はそうもいきません。

ストレージは本体32Gバイトのみ。SDカードなどで容量を追加できず、撮影をしているとすぐにストレージが一杯になってしまいます。定期的にPCにデータを移動させる必要があります。このあたりはちょっと面倒に感じます。本体だけでもっと撮れるようになれば撮影シーンが広がるはずなのに……。

このようにちょっとしたデメリットはありますが、手軽に撮影できるのは大きなメリットです。今度、作例などもアップしていきますね。

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

テレワークに最適!私が選んだ「卓上整理グッズ人気5選」

【週刊辻村】座りっぱなし、サヨナラ! 「スタンディングデスク」

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る