【レビュー】トラックボールを掃除する

ぼくはトラックボールを愛用しています。その理由は、マウスのように本体を動かさなくてもいいので狭いデスクでも操作できる上、手への負担も少ないから。2012年からロジクールのトラックボールを使い続けていて、今のMX ERGOで4台目になります。

ぼくのようにデスク上の作業スペースが少ないテレワーク環境の人や、「パソコンで手が疲れる」という人に、トラックボールをお勧めしまくっています。しかし最近「トラックボールはいいんだけど、すぐ動かなくなる」といわれることが増えてきて、残念に思っています。

トラックボールの動きが悪くなるのは、多くの場合、ただのメンテナンス不足です。手入れをしていないため、ボールの動きが悪くなっているだけなんです。

そこで、今回の記事ではトラックボール愛好家であるぼくが、メンテナンス方法について紹介します。MX ERGOを例にしていますが、ほかのトラックボールでも同じような手順でメンテナンスできるので試してみてください。

まず、細い棒のようなものでボールを押し出してボールを外します。僕は「フリクションペン」を使っています。フリクションペンは細身でとがっていないので、ボールを傷つける心配がありません。

ボールを取り出したら、ボールを支えているパーツから汚れを取り除きます。僕が使っているのは眼鏡ふき。ティッシュなどでも大丈夫だと思います。

ゴミを取り終えたらボールを戻せば完成です。

こうして定期的にお掃除をしておくと、長い期間快適に操作できるはず。トラックボールの動きが悪いと困っている人は、是非お掃除してみてください。

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【PickUP!】喜びはどこに隠れ、どう見付けるか(イングリッド・フェテル・リー)

【暮らし】今日のお取り寄せ! 気仙沼のかつおタタキ

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る