【暮らし】今日のお取り寄せ! 「かいつか」の焼き芋

今回のお取り寄せは、お友達からのいただきものなのですが
「一度食べてもらいたかったの!」
とおすすめしてもらったのが
お芋の町、茨城県の焼き芋。

そういえばその彼女からは以前、
干し芋を送ってもらったこともありました。

箱を開けると、焼き芋がゴロゴロっと入っています。
比較的細身のお芋たちで、見た目には普通の焼き芋。

焼き芋=熱々でホクホク というイメージがあるので
こんなに冷たい状態でやってきて大丈夫? おいしく食べられるの?
と思いましたが、
同封のリーフレットによると、自然解凍OK、温めてもOK、
なんなら半解凍でもおいしいですよ
と書いてあるのです。

わたしは猫舌だし、この暑さだし、
じゃあ、冷たいままで食べてみることにしましょう。

ペロペロ~っと皮を剥くと、
その身(?)が姿を現しました。
それはわたしが知っている焼き芋の様子とはずいぶんと違い
ホクホク感はなく、しっとりとしています。

手にすると、むにっとやわらかく折れてしまいそうで
とてもかぶりつける感じではありません。
ナイフで食べやすい大きさに切ってからいただきます。

おもむろに、ぱくりとひとくち。

「え、これが……焼き芋?」

ねっとりとしたさつまいもの甘さが口に広がって、
やがて溶けていきます。
これは焼き芋の新食感かも。
半解凍ならアイスっぽく食べられるかもしれない!
温めて食べるとどんなふうになるのかも知りたくなってきました。

とはいえ、一度にたくさん食べるのはむずかしいさつまいも(笑)
食べきれない分は冷凍しておけるので
少しずつ楽しもうと思います。

■蔵出し焼き芋 かいつか
 https://www.kuradashi-yakiimo.com/

冒頭の写真は、かいつかさんのサイトからお借りしました。

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】「週刊プレイボーイ」デビューしました!

【レビュー】手回し充電できるモバイルバッテリーは災害時に有効か?

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る