【テレワーク寺子屋】最強のヘッドセット「Jabra Engage 50」レビュー!

テレワークを続ける上で、ヘッドセットの選択はとても重要です。これまでもヘッドセットについては何度か取り上げてきましたが、オンライン会議に参加する上で音質はとても重要なファクターであり、ここを怠ると相手に悪印象を与えてしまうから。リアル会議の身だしなみに当たるのが、オンライン会議の音質だと考えてください。

これまでは「音声がクリアに聞こえる」「こちらの音声をクリアに届ける」といった視点からヘッドセットを紹介してきました。それはそれで間違いなく重要な要素のですが、もうひとつ、留意すべき点があります。生活音の影響です。

これまでご紹介したヘッドセットは、いずれも同居家族の声や水の音などの生活音が入ってしまったり、話し声をマイクで拾ったりしてしまいます。隣の席で別のオンライン会議に参加している人がいると、お互いの音声が邪魔になってしまいます。

わが家でも、たびたびこの問題が発生しました。それを回避するため、できるだけオンライン会議の時間をずらす工夫をしていましたが、どうしても同じ時間に重なってしまうこともあります。

オンライン会議に参加する場所を変える、つまり違う部屋でオンライン会議に参加すればよいのですが、わが家にはそんなスペースはありません。実際、ベランダでオンライン会議に参加したこともありましたが、風音や自動車などの環境音が入ってしまって、現実的ではありませんでした。

そこで、隣の席の音声が乗らないマイクがないか、探してみることにしました。いろいろ調べてみたところ、良さそうなヘッドセットを発見。「Jabra Engage 50」というコールセンター用のヘッドセットで、周囲のノイズや呼吸音を低減する機能が備わっているとのこと。

コールセンターは多くの人がそれぞれ別の電話を受けて対応しています。オペレーター同士の距離もあまり離れていないはずですが、他のオペレーターの音声や環境音などは一切聞こえません。これを使えば、「隣の席の音声が気になる」問題が解決できそうだと思い、購入してみました。

早速、Zoomでテストしてみたところ、こちらの音声はとてもクリアに聞こえるとのこと。テレビをつけたり、台所で水を流してみたりしましたが、それらの音は聞こえないとのことでした。すぐ近くで別の人に話してもらったりもしましたが、その音声は相手には聞こえていません。これなら、同じ部屋で違うオンライン会議に参加しても大丈夫そうです。

Jabra Engage 50は有線ですが、Jabraにはワイヤレスの製品もラインアップされています。有線が煩わしいという人は、ワイヤレスを試してみてもいいかもしれません。オンライン会議で周りの音が聞こえて困っているという人は、「Jabra Engage 50」を試してみてはいかがでしょうか。

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

取材を受けました→「DX時代を生き抜くための経営改革」

【PickUP!】「サラタメ、???に転職します」から考えるイマドキの転職事情

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る