【PickUP!】This is how life works(これが人生の仕組みです)

私がインターネットで見つけた情報をシェアするコーナー「PickUP!」。本日ご紹介するのは、YouTubeの「クリスの部屋」チャンネルで見つけた「僕がどうやって引き寄せの法則を現実的に使って、幸せな人生になっていったのか?」という動画です。

「引き寄せの法則」って、昔、すごく流行りましたよね。「ザ・シークレット」という本もありました。私も読んだことがあります。この本の内容を一言で説明すると、「願えば叶う」ってことなのかな。たしかにそれはそうなんだろうけど、正直なんかちょっと「怪しい」「眉唾」というイメージもありました。

でも、クリスの説明を聞くと、「ああ、なんだそんなことだったのか」と納得できます。彼の解説によると、「引き寄せの法則」は全然特別なことではなく、むしろ「今さらそんなことをいうの?」ぐらいありふれたことでした。

  • 人は、好みが似ている人と群れたがる
  • 人は、フォーカスしているものだけ見て、そうでないものは見ない
  • 住み慣れた場所は心地よく感じるから、ずっとそこにいる
  • 自分の波長(波動)にあったものを受け入れる

簡単にいうと、こんな感じ。「そんなこと、誰だって知ってるよ」ということばかりなのですが、これを組みあわせると「引き寄せの法則」になるよっていうお話しでした。

ちょっと長いですが、クリスの話し言葉(ほぼ日本語というか関西弁なんだけど、たまに英語が混じる)や身振り手振りがおもしろくて、ついつい笑いながら最後まで見てしまいます。お時間のあるときに、ぜひどうぞ!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【休日ランチ】道の駅で海鮮丼

【テレワーク寺子屋】音声認識APIが凄い!

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る