「見やすい書類や名簿はこうやって作る。今さら聞けないExcel超基本」書きました

4月2日発売のフライデーで、「ビジネスチャンスがグッと広がる 今さら聞けないExcel超基本」という記事を書いたのでお知らせします。

これ、企画段階では「文系サラリーマンのための」という副題もついていたのですが、まさにそういう人、つまり自分(=井上)のために作りました。

Excelって、計算するときに使うアプリというイメージがありますが、実は見積書や請求書などの清書用として使う人が多いそうです。

そこで今回の記事では、エクセルの使い方というより、見た目がきれいになるワザをご紹介。例として「請求書」「売上票」「顧客名簿」のサンプルもご用意しました。

ということで、「Excelバリバリ使いこなしてるぜ!」という人は、読まないでください。「今のところあまり使えていないから、もう少し使えるようになりたい」という方は、下のリンクをクリック!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【テレワーク寺子屋】社内のナレッジ共有を加速させるNotion

【休日ランチ】道の駅で海鮮丼

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る