【PickUP!】父がひとりで死んでいた

父がひとりで死んでいた

私がインターネットで見つけた情報をシェアするコーナー「PickUP!」。本日ご紹介するのは、如月サラさんの「父がひとりで死んでいた」という記事です。

如月さんは東京在住の独身女性。以前は地方に住んでいましたが、25才のときに上京し、現在はフリーランスとして仕事をされています。

昨年、実家で暮らすお母様が熱中症で倒れて入院し、その後、認知症専門医の診断を受けて2度目の入院が決まりました。その時から、お父様は一人で生活することになりました。

昨年は、新型コロナウイルスの感染が拡大し、人の往来がかなり制限されました。特に東京は陽性者数が多いということもあり、東京から地方への移動は自粛せざるを得ない状況でした。

そしてある日、お父様が自宅で息を引き取られました。記事の冒頭で、その時の状況がこんな風に描かれています。

1月半ばに、独り暮らしだった父(84)が遠く離れた実家の自室で倒れて亡くなっているのが見つかった。死後1週間経っていた。

https://note.com/kisaragisara/n/nde9ec2a471dc

このあと、如月さんがどう動き、どんなことを感じたのか。とても丁寧かつ繊細に如月さんの気持ちが綴られていますので、気になる方はぜひ記事をご覧下さい。

父がひとりで死んでいた

実は私の父も、遠い地で一人暮らしをしています。私は一人っ子なので、なんとか彼のことを支えたいと思っているのですが、このコロナ禍の影響でもう1年以上会っていません。

せめて声だけでもと思い、頻繁に電話をかけてはいますが、声だけだとよく様子がわからないこともあります。ある日突然、如月さんと同じ立場になる可能性はありますし、心のどこかで「いつそうなってもおかしくない」と覚悟しているような気もします。

そうなったとき、私はどうするのでしょうか。如月さんが抱えた「遠距離介護」「孤独死」「空き家」「相続」「実家じまい」という課題は決して他人事ではない。そのことを再認識した記事でした。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【ランチ】これは飲み物か?! 幅広麺の生パスタトマトソース

【お知らせ】「5G」を使い倒す!(フライデー)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る