井上真花です。昨年末、オンライン個別指導の「スタディカルテ」さんからの依頼を受け、東大生をインタビューしました。その記事が本日公開されたので、ご案内いたします。

受験勉強のメソッドを東大理三生に学ぶ
自分にあった学習スタイルをどう確立するか?

お話を伺ったのは、スタディカルテの代表であり、講師でもある樋口雅範さんと、現役東大理三生のSさん。新型コロナウィルス感染防止のため、マスクをつけたままでのインタビューとなりました。

テーマは「自分にあった学習スタイルをどう確立するか」ということ。受験に向けて「勉強しなくちゃ」と思う人は多いですが、「自分にあった学習スタイルは?」と考える人はあまりいないですよね。でも実はここがとても大事で、Sさんはそこをじっくり考え、自力で解決してきたからこそ東大に合格できた。その点について、樋口さんは「Sさんは地頭がいいんだなあ」と感心している様子でした。

ところが、みんながみんなSさんのように考えられるわけではない。ではどうすればいいか?ということで、スタディカルテさんの出番となるわけです。

ところで私、当日お話を聞きながら「これは受験勉強に限った話ではないな」と思いました。Sさんのような考え方、スタディカルテさんが構築したメソッドは、仕事をする上でとても役に立ちそう。たとえば、このフレーズ。

勉強を始める前に、今日一日で何を勉強するのかを細かく決めるようにしていました。たとえば、今日は何時間勉強できるから、数学の問題は何問解いておこう、という風に。ちょっと細かすぎると思われるかもしれませんが、ぼくの場合、それをやらずに勉強を始めると、ついぼーっとして過ごしてしまうんです。

https://studykartelab.com/lp-interview

仕事がテレワークになった途端、「仕事の効率が落ちた」「なにをどうすればいいかわからない」となっている人も参考になりそうですよね。

興味のある方は、ぜひ元記事をご覧ください↓

受験勉強のメソッドを東大理三生に学ぶ
自分にあった学習スタイルをどう確立するか?

最後に、少し余談を。インタビューの帰り、Sさんと一緒に駅まで歩いて帰ったのですが、歩きながら聞いた内容がとても楽しくて、おもしろくて。「頭がいい人って、雑談力にも長けているんだなあ」と感心しました。しかも背が高いし、スポーツが得意だし、イケメンだし。さぞかしモテるんだろうなあ、Sさん……。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【ランチ】この味はいつか食べた味。小さな食堂のカツ丼。

【プレゼント】「今すぐ使えるかんたんZoom」(技術評論社)2刷決定記念キャンペーン

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る