【訃報】マイカの社員犬「チョコ」が旅立ちました

2021年1月12日19時、マイカの社員犬であるチョコが、17才9ヶ月の犬生の幕を下ろしました。

チョコは、2003年4月18日生まれ。2004年にはマイカの社員犬となり、数々の書籍や雑誌の写真に登場。雑誌「いぬのきもち」が運営するブログでは、同僚のマロと共にモデルとして活躍しました(2009年)。

当時ブログに使われていたバナー

昨年10月頃からは老化が進み、立ち上がることもままならず、終日寝てばかりでしたが、ここ2日ほど食欲がなく、あまり水も飲まなくなったので動物病院に連れていったところ、多臓器不全という診断でした。

診察中、2度も心肺停止状態に陥り、医者から「もう無理だろう」と言われましたが、そのたびに蘇生するというスーパーミラクルな根性を見せつけたチョコ。点滴を打って病院から自宅に戻り、いつものクッションの上で横になり、家族に見守られながら穏やかに息を引き取りました。

長くそばにいてくれたこと、そして命が尽きる瞬間を一緒に過ごせたこと、本当にありがたく思っています。また、存命中に可愛がってくださいました皆様にも、深く感謝申し上げます。ありがとうございました!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【暮らし】今日のお取り寄せ 秋田名物「きりたんぽ鍋」

【はじめてのZoom】テレカンの議事録は、Googleミーティングで記録

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る