『北千住日記』(安達瑶)が出版されました!

作家の安達瑶さんが極私的日常を綴った「北千住日記」が電子書籍として発売されました! 

いつの間にやら「日本でもっとも息の長い合体作家(二人で一人)」になっていた片割れの作家が綴る超・長文日記。北千住に住み、足立区を愛し、ビンボー暇なし貯金なし。その割に3食たらふく食って、悩みがあるようでなくて、しかし確実に老いの兆候はやって来て、それが証拠に朝イチでiPhoneを見ると決まって一日中、目が霞み、さらに歳とともに涙腺が弱くなってテレビを見ていても泣き出してしまう。そんなしょぼい男が日々の暮らしを事細かく綴った2019年前半の日記。総字数36万字、リアルな文庫に落とし込むと600ページ。永井荷風の日記『断腸亭日乗』に匹敵、とは誇大広告ですが、プライベート全開の面白日記文学が誕生。(編集者の手になる自虐的惹句です)

https://amzn.to/3hvUNxf

マイカからは阿川大樹さんの『作家の日常』も出版していますが、作家に限らず、私はあらゆる人の日常生活にとても興味があります。だから、日記(ブログ)を読むのが大好き。いろんな人のブログをのぞき見しつつ「へー、そんな風に食事してるんだ!」「毎朝、そんなことをしているの?」「そういう風にテレビを見ているんだ……」と楽しんでいます。

そういえば古典にも「土佐日記」「蜻蛉日記」「枕草子」「更級日記」など、日記文学にも名作はいろいろありますね。私のように、人の生活をのぞき見して楽しむ人は、昔からたくさんいるということなのでしょうか……。

そういった意味では、この「北千住日記」のおもしろさは秀逸です! なにを食べた、どんなテレビを見た、なにを思った等々……とても細かく書かれているんです。まるで、リアルタイムに安達さんの生活をのぞき見しているよう。よくこれだけ細かく記録できるものだなと感心してしまいます。

今回、書籍化するにあたり、プロの編集者である坂脇秀治さんが誤字脱字や事実誤認を丁寧にチェックし、作品としてのクオリティをアップしてくださいました。坂脇さん、これだけの長文をよく最後まで編集されました。たいへんご苦労様でした!

というわけで、約半年という編集期間を経てようやく出版されたこの作品、ぜひお手にとってご覧ください。そして、安達さんの日常生活をお楽しみいただければ幸いです!

■amazon
https://amzn.to/3hvUNxf

■honto
https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20215-123354117-001-001.html

■紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0943276

■楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rk/71e396b841a630ae892c814490b5b1db/?l-id=search-c-item-text-01

■ebook japan
https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/619841/

■コミックシーモア
https://www.cmoa.jp/title/1101296884/

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】“拡張キーボード”「STREAM DECK」のPCスキル別活用法

【週刊辻村】お正月に遊んで欲しい! PCゲーム13選

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る