【PDA博物館】「Cosmo Communicator」と「HP200LX」を比較する

あえて今、PDAの遺伝子を継ぐスマホ「Cosmo Communicator」と「HP200LX」を比べてみる

久しぶりに熱〜い記事を書いてしまいました。なんでこんな熱くなっちゃうんだろうなあ……どうも私、HP200LXが絡むと冷静ではいられなくなってしまうようです(笑)。

しかも、山根博士おすすめの「Gemini PDA」後継機「Cosmo Communicator」との比較ですからね。お行儀のいい記事にならなくても致し方ないかと。

というわけで、今回はPDA博物館の番外編、ハードウェアレビューをお届けします。

はじめは、どう書けばいいかずいぶん悩みました。普通に「Cosmo Communicator」のハードウェアレビューを書いてもつまんない。そんな記事、ほかにもたくさんありますし。

かといって、そのままこの2台を比較するのはナンセンス。そもそも、発売された時代が違いますし。使う人の意識も違いますし。

そこで、視点を変えることにしました。つまり、時代背景やスペックではなく、私という1ユーザーが「モバイル端末になにを求めているか」という視点。その視点で見たとき、この2台の違いは何か?

1つ基軸が決まると、意外とスラスラ書けるもので。結局、5000字超えの大作になってしまいました(汗)。こんな長文、いまどき誰が読むのだろう……しかもPDAの話だし……。

というわけで、かつてPDAを愛したあなた! この記事に込めた私の思いは、きっとあなたにしか伝わらない! そんなあなたにお願いします。どうか最後まで読んで下さい……(嘆願)。

あえて今、PDAの遺伝子を継ぐスマホ「Cosmo Communicator」と「HP200LX」を比べてみる

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

「あら便利!スマホ術 iCloudの容量不足」書きました(日経プラスワン)

【休日ランチ】おいしいお寿司屋さんを求めて

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る