【レビュー】電気鍋でアクアパッツァを作ろう!

火加減いらず、インスタ映え 電気鍋でアクアパッツァ

家電コーディネーターだった故・戸井田園子さんの息子さん、戸井田満樹(まんじゅ)さんによる調理家電連載、第二弾が公開されました。

前回は絶品餃子をフープロで作ってみせた満樹さん、今回はゲストをお迎えするときに活躍するレシピ、「インスタ映え」するアクアパッツァをご紹介! もちろん家電サラブレッドですから、ガスコンロではなく電気圧力鍋を使ってパパッと作ってしまいます。

例年だと、この時期はクリスマスやお正月イベントが目白押しですが、今年はコロナ禍ですから、ステイホームで楽しむしかありません。せめて調理家電を使って、一流レストランでしか食べられないようなスペシャル献立をご家庭で味わってみるというのはいかがでしょうか。

このあと、満樹さんによる年末年始用スペシャルレシピもご用意しています。来月、再来月の記事もどうぞお見逃しなく!

火加減いらず、インスタ映え 電気鍋でアクアパッツァ

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】ゲーミングシーンで求められているストレージとは(対談)

【コラム】諦めず、議論を尽くそう

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る