【はじめてのZoom】トラブルに備えて予備の端末を用意する

今回は、Zoomのミーティングのトラブルに備えて予備の端末を用意する方法を紹介します。

最近、打合せは「テレカン」が当たり前になってきました。ZoomやTeams、Meets、Webexなど、そのたびにWeb会議システムを切り替えて参加しています。

そんなWeb会議システムですが、ときどき「音が聞こえない」、「Web会議に参加できない」といったトラブルが発生することがあります。この場合、ミーティングを一度退出し、再度入り直したり、パソコンを再起動すると問題を解決できるケースが多いのですが、どうしてもうまくいかない場合もあります。

そういうときに備えて、スマホやタブレットなどの端末にもWeb会議システムを導入しておき、トラブル時にはスマホやタブレットでWeb会議に参加できるようにしておくと安心です。

なお、スマホやタブレットのブラウザで参加できるサービスもありますが、できれば専用のクライアントアプリの導入を検討しましょう。

その理由は、専用アプリであれば、間違いなくWeb会議システムを使うことができますし、制限などもなく、安心して使うことができるから。

スマホやタブレットに専用のクライアントアプリをインストールするには、PlayストアやAppストアなおどのアプリストアから該当するWeb会議システムのクライアントアプリを検索し、導入するだけ。

インストールしたら、実際に使えるかどうかのテストを実施しておくとより安心です。

オンライン授業やウェビナーなど、時間がきたら自動的に開始してしまう場合もあるので、トラブル対応の時間を最小化するためにも、あらかじめ準備をしておくといいでしょう。

テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
今回は、Zoomの「声が聞こえない」場合 ...
続きを読む
Zoomミーティングは、映像を録画するこ ...
続きを読む
今回は、Zoomのミーティングで映像(ビ ...
続きを読む
今回は、「ゼロから始めるZoom 基本& ...
続きを読む
今回は、グリーンスクリーンについての質問 ...
続きを読む

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【重箱の隅つついちゃうよ】芥川竜之介も使った重複表現 (´・∀・`)

【コラム】「なにもしない」を試してみよう

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る