【コラム】「純粋によく見る」って本当に難しい……

先日、「ダイアモンドオンライン」でこんな記事を読みました。

■本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」で差をつけている

そこには、次のような記述がありました。

「思考力」だけで帳尻を合わせられる時代が終わろうとしているいま、真っ先に磨くべきは、「思考“以前”の力=知覚力」なのだ。

https://diamond.jp/articles/-/251278

ここでいう「知覚力」とは「どこに眼を向けて何を感じるのか」「感じ取った事実をどう解釈するのか」ということで、「思考」とは「問題解決や意思決定をする」こと。

つまり「なにかを解決したり決めたりする前に、しっかり見て、感じよう」ということですね。考えてみれば、当たり前のこと。現状を正確に把握しないまま問題解決しようとしても、うまくいくはずがありません。

ところが、最近はこの「しっかり見て、感じよう」とする能力が低下しているとのこと。冒頭の記事のなかで紹介されている「知覚を磨くー絵画を観察するように世界を見る技法」という本によると、その一端を担っているのが「パソコンやスマホによる検索という行為」。

インターネットにある膨大な情報の中から「自分に必要な情報だけを選り分けて素早く読み取る」という行為が日常になっている今、私たちの目は「捜し物を見つけるために見ている」あるいは「何かを期待しながら見ている」ようになった。その結果、「純粋によく見る」ことができなくなった、とのことです。……うーむ、身に覚えがありすぎる。

実際に体験してみましょう。次の動画(1分20秒)をご覧ください。

この動画では、黒いシャツと白いシャツを着たチームがそれぞれバスケットボールを持って、狭い場所で入り乱れながら自分のチームメイトにパスしていきます。白いユニフォームのチームが何回パスをするか、数えてください。

これは「人が注意を払える対象は限られている。あるものに注意を払うと、ほかのものが見えなくなる」ということがよくわかる有名な実験。白いユニフォームのチームがパスする回数を熱心に数えている限り、「ある異変」が起きていることに気づきにくいそうです。

この程度の異変なら、さほど問題にはなりません。ですが、別のシーンでは深刻なリスクを引き起こすことになるかもしれません。

では「純粋によく見る」ことができるようになるには、どうすればいいでしょうか。

本書で紹介されているのは「絵をじっくり見る」という方法。それも「一枚の絵を15分間かけて観察する」といいのだそうです。たった15分と思うかもしれませんが、やってみると結構長いですよ。

もし「純粋に見る」という能力にご興味ありましたら、読んでみてはいかがでしょうか。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【はじめてのZoom】映像(ビデオ)が表示されない

【暮らし】「コメダ珈琲店」でモーニング

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る