【重箱の隅つついちゃうよ】なんで重複に気が付かないかなぁ (´・д・`)

腕利きの編集者&ライターである堀井塚さんが、間違った日本語を指摘しつつ、正しい使い方を解説する「重箱の隅」シリーズ。ここに掲載されているのは、実際に堀井塚さんが編集した原稿の中にあった例だそうです。恥ずかしながら、私も同じような使い方をしていた覚えが……。

それでは、今回も選りすぐりの5例をご紹介しましょう! (井上真花)


(1) 判断に迷うやつ ( ・´ω・`)

「○○の開発に難航した」という見出しを目にしたときは「が難航」なのか「に難儀」なのか判断つかなくて悩んだ。トラブル続発で開発が思うように進まなかったのか、開発に苦労したのか……。

(2) 感じるものじゃあなくね? (´・ω・`)

「緊張を感じる」って違和感あるよなぁ。緊張って感じるものじゃあなくね? 「緊張する」でいいんじゃね?

(3) なんで重複に気が付かないかなぁ (´・д・`)

独学で学んだ」って、重複してることは一目でわかるだろうに。「独学で身につけた」くらいじゃね? 「犯罪を犯した」「犯行を行った」とか、ほんと勘弁して。「罪を犯した」とか、「犯行に及んだ」とか、いくらでも言い方あるだろ?

(4) 病以外に何を患うの? 恋?  (´・∀・`)

私の父は目や耳に病を患っていた」っつー文章を書いた人。「私の父は目と耳を患っていた」でいいんじゃん? もともと「患う」には「病気で苦しむ」ってぇ意味がある。

(5) 絶望的にセンスがないよ (´;ω;`)

  • × 夕食を食べる → ○ 夕食を摂る、晩ご飯を食べる
  • × 食べてからすぐに寝る → ○ 食べてすぐに寝る
  • × 生活のリズムを規則正しくする → ○ 生活のリズムを整える
  • × アドバイスを行う → ○ アドバイスする

↑ 左側の文章を書いちゃう人は記者とかライターを廃業するべき。

次回もつつきまくるよっ
(`・ω・´)ゞ

堀井塚 高

堀井塚 高

投稿者プロフィール

企画・執筆から編集、校正までを一人でこなす“校了請負人”。IT関連はもちろん、金融商品、医療関係、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。趣味は将棋(アマ三段)と外国語学習(英語、フランス語、イタリア語)。家族は高校生の息子とアレクサ6台。座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

この著者の最新の記事

関連記事

【今日のおやつ】「みはし」の白玉クリームあんみつ

【インタビュー】なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る