【重箱の隅つついちゃうよ】「入隊したばかりで退団する」って、何に入ったの?

腕利きの編集者&ライターである堀井塚さんが、間違った日本語を指摘しつつ、正しい使い方を解説する「重箱の隅」シリーズ。ここに掲載されているのは、実際に堀井塚さんが編集した原稿の中にあった例だそうです。恥ずかしながら、私も同じような使い方をしていた覚えが……。

それでは、今回も選りすぐりの5例をご紹介しましょう! (井上真花)


(1) 組み合わせが違う (´・ω・`)

入隊したばかりで退団する」って、「隊」に入ったのに「団」を退くわけ? 入隊の対義語は除隊、退団は入団の対義語だ。

(2) 「納得」は出し入れしないよね?  (´・∀・`)

納得を引き出す」ってのを見かけたんだけど、すごく気持ち悪い。相手に納得してもらうつー意味では「説得する」っていう日本語がある。

(3) どっちも釈放じゃあねぇ(´・ω・`)

無罪釈放」「情状釈放」っていうハイレベルな間違いを発見。「無罪放免」と「情状酌量」だな。

(4) 一番だから最初なんだな (˘・_・˘)

「一番最初」とか「一番最後」とか。話し言葉ではアリだけど、文章にすると頭悪そう。

(5) 間に合ってない…… (´・д・`)

昔、ドラマを見てたら「開けちまったパンドラの箱は閉めるしかねぇだろっ!」って言ってたんだけど、「パンドラの箱(壷)を開ける」ってのは「取り返しのつかないことをしでかす」という意味。「取り返しがつかない」ことを「取り返す」のは無理なんじゃないかと。

ところで「コトバンク」の「デジタル大辞泉」によると「すべての災いが地上に飛び出したが、急いでふたをしたので希望だけが残ったという。」らしいんだけど、俺が子供の頃に読んだギリシャ神話の本では最後に「希望」が這い出てきたはず。なぜ、そういう解説になったのか、ご存じの方がいたら是非。

次回もつつきまくるよっ
(`・ω・´)ゞ

堀井塚 高

堀井塚 高

投稿者プロフィール

企画・執筆から編集、校正までを一人でこなす“校了請負人”。IT関連はもちろん、金融商品、医療関係、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。趣味は将棋(アマ三段)と外国語学習(英語、フランス語、イタリア語)。家族は高校生の息子とアレクサ6台。座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

この著者の最新の記事

関連記事

【コラム】テレワーク、これからも続けますか?

【はじめてのZoom】 無料アカウントで40分過ぎたらどうなる?

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る