【はじめてのZoom】 顔が暗い時にはリングライトが効果的!

今回は、Zoomのミーティングで顔をきれいに表示する方法を紹介します。

最近、対面よりもテレカンといったケースが増えています。

テレカンで困っていたのが「顔」が暗く映ること。メインのパソコンは、デスクトップPCなので、自由に動かすことができません。また、背中側に窓があるため、このパソコンでテレカンに参加すると逆光になり顔が真っ暗になっていました。

そこで導入したのがリングライト。ウェブカメラの背面から顔に向かって光を当てることで、顔をあかるく表示することができます。

実際につかってみると、暗く映っていた顔が明くなりました。
眼鏡に光が映り込んでしまうので、若干上からライトを当てていますが、眼鏡をしていない人なら正面から光を当てれば、目に光の輪が入っていい感じになりそうです。

このリングライトですが、三脚+雲台も入っているので、自由な場所に設置できます。

ノートパソコンでは、ノートパソコンの左右にリングライトを設置すると顔に影ができずいい感じになりました。

取材など表情をきれいに映し出したいときにはリングライトはかなり効果的です。価格もさほど高くないので、導入しやすいのもメリットだと思います。

テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
今回は、Zoomの「声が聞こえない」場合 ...
続きを読む
Zoomミーティングは、映像を録画するこ ...
続きを読む
今回は、Zoomのミーティングで映像(ビ ...
続きを読む
今回は、「ゼロから始めるZoom 基本& ...
続きを読む
今回は、グリーンスクリーンについての質問 ...
続きを読む
今回は、Zoomのミーティングの待機室を ...
続きを読む
今回は、Zoomのミーティングのミーティ ...
続きを読む
今回は、「ゼロからはじめる Zoom 基 ...
続きを読む
今回は、Zoomのミーティングを録画する ...
続きを読む

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【インタビュー】数々の受賞歴をもつ友禅作家・林裕峰さんが描く「世界でただひとつのPDA」とは

【コラム】「命を最後まで使い切る」ということ

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る