【インタビュー】数々の受賞歴をもつ友禅作家・林裕峰さんが描く「世界でただひとつのPDA」とは

数々の受賞歴をもつ友禅作家・林裕峰さんが描く「世界でただひとつのPDA」とは

SANAIさん所蔵のSONY CLIEケース
モーリーさん所蔵のIBM WorkPadカバー

#お待たせしましたお待たせしすぎたのかもしれません

COVID-19感染拡大防止のため、3月以降、取材ができなかったPDA博物館。編集部から「Zoomでの取材OK」という連絡があったので、それでは!と取材を再開しました。

最初にご依頼したのは、PDAマニアなら誰もが知っている、京都在住の林裕峰(UFO)さん。これまでお話を聞こうにも、距離が邪魔をしてなかなか実現できなかったのですが、Zoomであれば距離は関係なし! おかげさまで、長年の憧れだった「くりすたるあーと」についてたっぷりとお話を伺うことが出来ました。

そしてもうひとつ、今回の記事で特筆すべきは、たいへんきらびやかな作品の数々! この記事のため、SANAIさんやモーリーさん、機長さん、深川さんが、ご自身で所有している作品の写真をご提供下さいました。みなさん「林先生のためになるのでしたら」とのこと。ご協力、ありがとうございました!

リンク先の記事には、これ以外にも写真がたくさん掲載されています。いずれも、とても美しいものばかりですので、ぜひご覧下さいませ!

数々の受賞歴をもつ友禅作家・林裕峰さんが描く「世界でただひとつのPDA」とは

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【重箱の隅つついちゃうよ】舌を巻きながらしゃべれるものならしゃべってみろ (´・∀・`)

【はじめてのZoom】 顔が暗い時にはリングライトが効果的!

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る