【予約受付中】ゼロからはじめる Zoom 基本&便利技

今月22日、マイカが執筆・編集した書籍が発売されます。タイトルは「ゼロからはじめる Zoom 基本&便利技 」!

一部公開!三井俊之さんがイラストを書いてくださいました!

本の内容は、以下の通り。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、テレワーク、在宅勤務といった、「非接触型」の働き方が日常となりつつあります。

そんななか、急激にユーザー数を伸ばし、いまやビデオ会議ツールの代名詞的存在となったZoom。ベーシックなアカウント(無料)でも、100人まで参加可能なビデオ会議が開催でき、主催者(ホスト)以外の参加者はアカウントの登録さえ必要ないという手軽さが受け、国内でも多くのユーザーが使うようになりました。

本書は、そんなZoomをはじめて使う人のための解説書です。Zoomではじめてミーティングに参加する、自分でもミーティングを開催したい、といったときのための基本操作から、より便利に使いこなすためのテクニックなどをわかりやすく解説します。Zoomをゼロからはじめたい人も、もっと活用したい人も必携の1冊です!

Amazon販売サイトより

実は、この本を出すことになったきっかけは「別冊マイカ」。技術評論社の伊東健太郎さん(そう!あのモバイルプレスの伊東さんです!)が、秋葉けんたのZoom連載を見て「書籍にしない?」と声をかけてくださったんです!

表紙に書かれている「ゼロから始めるズーム」「いちばんやさしいズームの入門書」というコピーはウソではありません! 「仕事でズームを使わなくちゃいけなくなって……」「いきなりズームで会議と言われても、どうすればいいかわからない」という人にこそ、ぜひ読んで頂きたいと思います。

マイカ全員で制作いたしましたので、いたるところにスタッフの顔が登場しています。それも含め、お楽しみいただければ幸いです!

ご予約はこちらからどうぞ↓

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【重箱の隅つついちゃうよ】いったい誰が誰を好きなのよ (´・∀・`)

【はじめてのZoom】Zoomに招待された人のよくあるトラブル(FAQ)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る