【はじめてのZoom】ミーティングを録画する

Zoomミーティングは、映像を録画することができます。今回は、その方法を紹介しましょう。

Zoomの無料プランで登録している場合、パソコン本体(ローカル)にデータを保存することができます。有料プランであれば、それに加え、クラウド上にもデータを保存できるようになります。

ただしスマホの場合、本体にデータを保存することができません。もしスマホでのZoomミーティングを録画したい場合は、有料プランを登録してクラウドにデータを保存するといいでしょう。

では、実際の操作を説明します。録画をスタートするには、ミーティング画面下部にあるメニューから「レコーディング」をクリックし、データの保存場所を選択します。すると、録画が始まります。

レコーディング中はアイコンの形が変わるので、目で見て確認することもできます。録画の停止したいときは、一時停止も可能。同じアイコンをクリックします。

なお、参加者はミーティングを録画することができません。録画データを確認したい場合は、主催者に依頼し、録画データを共有してもらいましょう。その場合、GoogleフォトやYouTubeなどのクラウドサービスに録画データをアップロードし、URLを教えてもらいます。

テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
テレワークで何かと話題のZoom。マイカ ...
続きを読む
今回は、Zoomの「声が聞こえない」場合 ...
続きを読む
Zoomミーティングは、映像を録画するこ ...
続きを読む
秋葉 けんた

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【暮らし】紫蘇シロップ、今年もできました

【重箱の隅つついちゃうよ】いったい誰が誰を好きなのよ (´・∀・`)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る