【コラム】あなた、いま「惰考(だこう)」に耽っていませんか?

日々の暮らしの中で、考えなければならないことはいろいろあります。「今晩のおかずは何にしようかな……」程度であれば、さほど深刻に悩むこともありません。しかし、「今度の都知事選、誰に投票しようかな」「あの人はなぜ私にあんなことを言ったのだろう」「SNSに書かれていたあの噂、本当なんだろうか?」など、すぐに解決できないこともあります。

食器を洗っているときや、お風呂に入っているとき、あるいは布団に入って寝入る前。ふとこういったことを思い出し、あれこれ考えを巡らせてしまうことはありませんか? 眠る前にこのモードに入ってしまうと、すっかり眠気が覚めてしまい、困ったことになりますよね。私も、これまで何度も経験しています。

だらだらと寝てばかりいることを、「惰眠をむさぼる」と言います。この言葉に倣い、私は「惰考」という言葉を作ってみました。「惰考」とは、だらだらといつまでも考えている状態のこと。これ、決していいことではありません。のべつまくなしに考えに浸っていても、その問題は解決しない。それどころか、思考が空回りして、考えること自体がつらくなってしまうことさえあります。

では、「惰考」を止めるにはどうすればよいでしょうか。

たとえば、あなたが食器を洗いながら「あの人はなぜ私にあんなことを言ったのだろう」と思い始めたとします。まさにこのとき、あなたは「惰考」の入り口に立っています。いつもなら、そこから深い惰考の森に迷い込んでいくでしょうが、今は一旦、そこから抜け出しましょう。

抜け出す方法は、たったひとつ。「あ、私は今『惰考』しているな」と、今の自分の状態に気づくこと。たったこれだけで、「惰考」から抜け出すことができます。あとは、食器洗いを続けてもいいし、洗うのをやめてきちんと考え始めてもいい。どちらにせよ、もう「惰考」にふけることはないでしょう。

この方法、実は「怒り」にも有効なんだそうです。怒りのあまり頭に血が上り、気持ちが落ち着かなくなったとき、試しにこれをやってみてください。「あ、私は今『激昂』しているな」とつぶやいてみるんです。そうすると……なにが起こりましたか?

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【はじめてのZoom】ブラウザだけでミーティングに参加する

【テレワークやってみて感じたこと】仕事用デスクの設置

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る